「ゴガン、ヨンガン」と呼ばれたスズキのピュアレプリカ「RG500Γ/RG400Γ」 ガンマは大排気量2ストモデルの集大成だった!!

スズキ「RG500Γ/RG400Γ」は、ヤマハ「RZV500」やホンダ「NS400R」と共に1980年代初期のレプリカブームを牽引した2ストモデルです。

80年代勢いのあるスズキが出した、レーサーモデルと酷似するモデルとは?

 RG500Γ(1984)や国内の中型免許制度に合わせたRG400Γ(1985)は、ロードレース世界選手権に参戦していたスズキのワークスマシンRGΓの完璧なレプリカに保安部品を付け、レーサーのような装いで発売された2サイクルモンスターマシンです。

スズキ「RG500Γ(ガンマ)」ウォルター・ウルフ仕様

「Γ(ガンマ)」の特徴でもある4気筒を正方形に配置するスクエア4エンジンは、吸気弁の開閉タイミングを任意に設定することがロータリーディスクバルブを使っています。しかし、キャブレターをクランクケースと同軸方向に設置しなければいけないため、4気筒では横に2つ並べ、シリンダーごとにキャブレターを配置していました。RG500Γは、輸出仕様で95馬力、国内仕様で64馬力、RG400Γは、59馬力を発生させています。

 車体は、レーサーモデルRGΓとほぼ同じ構成です。テールカウルから2本、さらに左右に1本ずつ後方へ出された4本出しチャンバーは迫力あるスタイリングに一躍を担っています。さらに溶接箇所が少なく軽量化されたアルミフレームのヘッド部分には、「Γ」の刻印がつけられており市販車最上級モデルの証にもなっていました。

軽量化されたフレームに搭載されたスクエア4エンジン(RG400Γ)

 ハンドルは、トップブリッジ下に取り付けられ、さらにカウル内に配置されたアナログ3連メーターは3000回転から1万3000回転まで表示されるなど、レーサー気分を存分に味わえるポジションに設定されています。

 前後足回りは、世界GPのRGΓと同じフロント16インチホイール、リア17インチホイールを装備し、スズキがこのころ積極的に市販車へ採用したANDF(アンチ・ノーズダイブシステム)とDecaピストンブレーキシステムでコーナーリングや快適なライディングを実現。

 アクセルを開ければ迫力ある排気サウンドと心地良い加速感が得られ、さらにコーナリング時には、アクセルを開けるのに躊躇してしまうほど、レーサーモデルに忠実な仕様に仕上がっていました。

スズキ「RG500Γ(ガンマ)」ウォルター・ウルフ仕様

 限定色として、全日本ロードレース選手権のスズキワークスで活躍していた水谷勝氏の愛機「ウォルター・ウルフ(1985-1987)」カラーに塗装された仕様も販売されていました。

 発売当時の価格は、スズキ「RG400Γ」65万9000円、「RG500Γ」75万9000円でした。

 ■RG400Γ諸元表

 全長×全幅×全高:2100mm×695mm×1185mm
 乾燥重量:153kg
 排気量:379cc
 エンジン:水冷2サイクル・ロータリーディスクバルブスクエア4気筒
 最高出力:59PS/9000rpm
 変速機形式:常時噛み合い式6速
 燃料タンク容量:22リッター
 フレーム形式:ダブルクレードル

【了】

スズキ「RG500Γ/RG400Γ」の画像を見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事