横浜北西線2020年3月に開通 東名高速から横浜港まで直結で渋滞緩和に期待

 横浜市と首都高速道路株式会社は、共同で建設している横浜北西線(横浜北線から東名高速)を2020年3月に開通させます。

完成により大幅な渋滞緩和に期待

 横浜市と首都高速道路株式会社は、共同で建設している横浜北西線(横浜北線から東名高速)を2020年3月に開通させます。

2020年3月に開通する横浜北西線の概要

 横浜北西線は、横浜北線及び第三京浜道路(横浜港北ジャンクション)から東名高速(横浜青葉ジャンクション)を結ぶ、延長 7.1kmの自動車専用道路で、トンネル部の距離は4.1kmとなっています。

 横浜北西線が開通することで、横浜北線と一体となり東名高速から横浜港までが直結され、国際競争力の向上、ア クセス性の向上・物流効率化、災害時等の道路ネットワークの信頼性向上、保土ヶ谷バイパス等の交通渋滞および沿線地域の生活環境改善などの効果が期待されます。

渋滞解消はもちろん、移動時間の短縮にも期待が掛かります

 今回の開通に際し、首都高速の広報担当は以下のように話します。

「横浜北西線は、一つの路線の開通ということで、近年の首都高としてもかなり大きなプロジェクトに挙げられるものです。トンネル部に関しては横浜市営地下鉄のグリーンラインの下を通りますので、慎重な作業が要求されました。

 また、工事期間中は通行止めなどもあり、一般の方へもご迷惑をお掛けしましたが、横浜北西線の開通により、東名高速はもちろん、保土ヶ谷バイパス、首都高3号渋谷線の渋滞緩和が見込めます。ぜひご活用頂ければと思います」。

※ ※ ※

 なお、横浜市と首都高速道路株式会社は開通を記念して一般の方を対象とした横浜北西線の一般公開イベント及びファンランイ ベントを開通直前に開催する予定といいますが、現状では開催日は未定となっています。
 

【了】

2020年3月に開通する横浜北西線の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事