スズキのMotoGPマシン「GSX-RR」が「第46回東京モーターショー2019」にやってくる

スズキは「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:10月25日から11月4日)にブース出展し、現在MotoGPクラスに参戦中の「GSX-RR」を参考出品します。

世界で戦うスズキのレーシングマシンを間近で見ることができる

 スズキは、2輪ロードレースの最高峰「FIMロードレース世界選手権(MotoGP)」に参戦しているMotoGPマシン「GSX-RR」を、第46回東京モーターショー2019のスズキブースにて展示します。

第46回東京モーターショー2019に展示される2台のMotoGPマシン「GSX-RR」

 MotoGP 2019シーズンは、第3戦「アメリカGP」と第12戦「イギリスGP」でアレック・スリンス選手が優勝を獲得しており、レーシングフィールドで培われた高いパフォーマンスと最新技術は、市販モデルである「GSX-R1000」をはじめ、スズキのスポーツモデルに技術フィードバックされています。

 展示される車両は、#42 アレックス・リンス選手と#36 ジョアン・ミル選手の2台、スズキは「来場者に楽しんでもらえるような展示を予定」としています。

「GSX-RR」でのMotoGP参戦は5年目となり、最終戦となる11月の「バレンシアGP」まで、全19戦を競い合います。またモーターショー直前には第16戦「日本GP」がツインリンクもてぎで開催されることもあり、2台が展示されることはレースファンにとって、ショーへ足を運ぶ楽しみがひとつ増えることになるのではないでしょうか。

■MotoGP参戦車両スズキ「GSX-RR」主要諸元
全長×全幅×全高:2096mm×720mm×1140mm
エンジン形式:水冷直列4気筒 DOHC4バルブ
総排気量:1000cc
車両重量:157kg以上
最高出力:176kW(240ps)以上
最高速:340km/h以上

■チーム体制
チーム名:チームスズキエクスター
参戦ライダー:#42 アレックス・リンス選手(スペイン)、#36 ジョアン・ミル選手(スペイン)
チームマネージャー:ダビデ・ブリビオ(イタリア)

【了】

スズキ「GSX-RR」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事