ヤマハとソニーが共同開発したエンターテインメント用車両のサービスを沖縄で開始

ヤマハとソニーが共同開発した「SC-1」は、自動運転技術や融合現実映像による新しい低速の移動体験価値を提供しています。

自動運転にエンターテインメントを融合した移動システム

 ヤマハとソニーは、共同開発したエンターテインメント用車両Sociable Cart(ソーシャブルカート)「SC-1」を用いたサービスを2019年11月1日より沖縄県にあるカヌチャベイリゾート(沖縄県名護市)と東南植物楽園(沖縄県沖縄市)で開始しました。SC-1は、エンターテインメント体験を提供するもので、車両としての一般販売は予定されていません。

ヤマハとソニーが共同開発したエンターテインメント用車両「SC-1」(カヌチャベイリゾート)

 SC-1は、室内や車体側面にビルトインされている高精細ディスプレイに、カメラで捉えた車両の前後左右の様子や走行場所に応じた様々な映像、ソニーが開発した融合現実映像を映し出すことができ、従来の自動車やカートでは提供できなかったエンターテインメント空間をつくりだすことで、乗客や車両を取り巻く人々により楽しい低速移動の価値を提供することを狙いとしています。

「SC-1」で実施するサービス「ムーンライトクルーズ」(東南植物楽園)

 実施するサービス「ムーンライトクルーズ」は、日没後に SC-1に乗車して体験。自動運転機能により乗員は車両をコントロールすることなく、超高感度なイメージセンサーと高解像度ディスプレイが映し出す夜間の走行シーンをベースに、融合現実感技術が創り出すエンタテインメントコンテンツを楽しめます。

 これまでにヤマハは、2016年発表した電動のゴルフカーをベースとした試作モデルや、ソニーと協力した2017年発表のコンセプトモデル「New Concept Cart SC-1」の車両開発では、ソニーの携帯電話商品企画とメカ設計の二人が「自動車にスマホの技術を搭載するのではなく、スマホ自体が人を乗せて走れるようにしよう」という考えのもと期間限定実施などを通じて、技術開発や顧客ニーズの検証を重ねてきました。

 両社は今後、同様のサービスをアミューズメント施設や商業施設などへも展開し、新たな移動体験の提供を進めていきます。

■ SC-1の主な仕様
全長×全幅×全高:3,135mm × 1,306mm × 1,830mm
乗車定員:5名
走行速度:0〜19km/h
搭載モニター:車内:49インチ 4K液晶モニター1台
       車外:55インチ 4K液晶モニター4台
駆動方式:DCモーター
バッテリータイプ:リチウムイオンポリマー電池
ブレーキ方式:油圧式四輪ディスクおよびモーター回生ブレーキ
サスペンション:前・ダブルウィッシュボーン式/後・リンク式
自動運転方式:電磁誘導+RFID

【了】

ヤマハとソニーが共同開発した「SC-1」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事