短い時間で夢の“シックス・パック”を作り上げるエクササイズ!! ~バイクde筋肉体操 Vol.9~

『バイクde筋肉体操』、現在のパートでは上半身のトレーニングを17歳のプロウインドサーファー、杉匠真君をモデルに解説しています。今回ターゲットにするのは「腹筋群」です。

腹横筋を鍛えシックス・パックを作りましょう

『バイクde筋肉体操』、現在のパートでは上半身のトレーニングを17歳のプロウインドサーファー、杉匠真君をモデルに解説しています。今回ターゲットにするのは「腹筋群」です。

プロウインドサーファー杉匠真選手と筋肉について解説します

 前回までは胸の筋肉を狙ったものでしたが、今回はその下にある、いわゆる“シックス・パック”を作る腹直筋を中心に、サイドを固める腹斜筋、その奥にある腹横筋と呼ばれる筋肉まで刺激できるエクササイズを解説します。

 この部位は、ライディング中に上半身の姿勢を保つのにも大切な場所。それに、車体をリーンさせるなどのバイクコントロールにも関わってきます。鍛えて筋肉を増やすと巧みな操作が可能になってきます。また、十分に鍛えて引き締めていくと、男性ならあこがれの6つに割れた、女性でもうっすらと腹筋が浮き上がった平らな腹部と、ウエストのくびれを実現することも夢ではありません。短い時間でできるエクササイズですから、ぜひ、チャレンジしてください。

9.フレクション

①床や地面に仰向けになって、頭の後ろで手を組みます。この時は、体から完全に力を抜いておきます
②脚と頭を少し持ち上げて、視線は腹の中心を見るようにして準備姿勢になります
③腹の筋肉を総動員させて、息を吐きながら頭と肩、膝を胸の方向へ全力で引き付けます。その姿勢を3秒間キープ。ゆっくりと②の姿勢に戻します
④できる人は、頭の後ろに手を当てないで、本当に腹周辺の筋肉だけの力で行ってみてください

 ①から③までの動作を3セット繰り返してください。とにかく全力で集中させることが大切です。上半身編の1回目で解説した、大胸筋のスクイーズと同じ理論で筋肉に刺激を入れて強化することができます。最初は③のように手を添えますが、できるだけ頭を支えないようにすることがコツ。慣れてきたら、④のように頭から手を離して、完全に腹周辺の筋肉だけを最大限収縮させるようにしましょう。最大限の力を使うと、3回目はかなりキツク感じるようになります。5回繰り返せるようになることを目標にしてみてください。

全力で腹筋を鍛えることでバイクも上手く操れるかもしれません

「僕もトレーニングではプランクやダイアゴナルといった種目で体幹を鍛えています。でも、今回やったのは本当に全力で筋肉を収縮させるので、かなりお腹周りに刺激が入るのを感じました。ウインドサーフィンのコントロールにも役立つと思います。ウインドサーフィンは、海を滑る感覚とか、ボードを上手く操れた時がすごく楽しいんですが、バイクもきっと同じなんでしょうね。しっかり鍛えて、楽しくバイクに乗ってください」

■杉 匠真(スギ タクマ)
2002年7月23日神奈川県生まれ。身長170cm、体重63kg。
6歳の時から本格的にウインドサーフィンを始める。ジュニアユース選手権では、2009~14年の小学校6年間連続優勝という記録を樹立。11年から波の中で演技を披露するウェイブパフォーマンスをはじめ、16年度JWA(Japan Windsurfing Association)フリースタイルアマチュア年間ランキン1位に。これによってプロ資格を得て、14歳8ヶ月の史上最年少プロに。18年、PWA(Pro Windsurfing Association)のU-17年間チャンピオンを獲得。その他、多数の優勝、入賞記録を誇っている。今後の活躍が大いに期待される、成長著しい若手ウインドサーファー 。

【了】

バイクde筋肉体操の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事