ドゥカティ「Icon Dark(アイコン・ダーク)」 マットブラックとアルミの質感で見せる潔さ!?【EICMA2019】

ドゥカティのスクランブラー800シリーズに、マットブラック・カラーをまとった「Icon Dark(アイコン・ダーク)」が登場し、EICMA2019にて公開されました。

広がり続ける「スクランブラー」ファミリー

 ドゥカティの「スクランブラー」ファミリーには、排気量別に800ccと1100ccの空冷L型2気筒エンジンを搭載するモデルがラインナップします。

ドゥカティ「Icon Dark(アイコン・ダーク)」

 カフェレーサーやダートイメージのほか、カラーリングなどスタイル別にモデル展開するスクランブラー800に、マットブラック・カラーをまといアルミ部品の質感を際立たせた「Icon Dark(アイコン・ダーク)」が登場しました。

 フレームやエンジン、ホイールはもとより、燃料タンクや前後フェンダーをマットブラック・カラーとすることで、交換可能なアルミニウム製サイドパネルやマシニング仕上げのアルミニウム製タイミングベルトカバー、シリンダヘッドのブラシ仕上げアルミニウム製フィンなどの質感がより引き立つデザインとなっています。

排気量803ccの空冷L型2気筒エンジンを搭載

 車体構成を共通としながらバリエーション展開するドゥカティのスクランブラーファミリーのなかで、ひと際シンプルで都会的なスタイルのアイコン・ダークは、カスタマイズのベース車両としても最適なモデルとされています。

 価格(消費税10%込み)は106万9000円です。

【了】

【画像】ドゥカティ「Icon Dark(アイコン・ダーク)」

画像ギャラリー

最新記事