ホンダ「CB1000R」新型モデル登場 改めて振り返る開発者の意図とは?【EICMA2019】

ホンダは新世代CBシリーズのフラッグシップモデル「CB1000R」の新型モデルをEICMA2019で発表しました。

他社のモデルと迎合しない「ネオ・スポーツ・カフェ」デザイン

 ホンダは2019年11月5日から10日にかけて開催されたバイクの見本市「EICMA2019」でネイキッドモデル「CB1000R」の新型車を発表しました。

ホンダがEICMA2019で発表した「CB1000R」2020年モデル

「ネオ・スポーツ・カフェ」というコンセプトを掲げ開発された「新世代CB」のフラッグシップ「CB1000R」は、既存のネイキッドモデルにはない独自のシルエットが与えられた一台です。

 新型となる2020年モデルでは、フロントフォークを支持するトリプルツリーやスイングアーム、ヘッドライトの一部をブラックアウトすることで、より精鋭な印象とされています。また、フロントブレーキディスクローターのカラー変更に伴い、外装のセンター部にはシルバーのレーシングストライプが追加されました。

ホンダ「CB1000R」2019年モデル

 最高出力145PSやサスペンションなど走行に関わる箇所に大きな変更が無いようですが、CB1000Rの開発責任者 内田聡也さんは、その魅力について以下のように話します。

「ホンダとして、私たちの意図は常に未来に目を向け、リードする準備を行うことです。したがって、ネイキッドモデルが成熟するにつれて、新しいCB1000Rに実際のパフォーマンスを向上させる以外のなにかを取り入れなければならないことが分かりました。

 顧客の期待と関心は“どれだけ速いか”だけではありません。私たちは、CB1000Rの各体験に爽快感と感情を組み込むだけでなく、そのような個々のマシンを所有し、誇示することの本当の喜びも組み込みたいと考えました。ですから、私たちは新しい方向に舵を取り、その結果を非常に誇りに思っています」。

※ ※ ※

 また、イタリア・ローマのホンダR&D設計部のヴァレリオ・アイエッロ氏もCB1000Rについて以下のように話します。

「ネオ・スポーツ・カフェの美学に基づき創られたCB1000Rは、ここ数年各社が販売する筋肉質のストリートファイターや、よりシンプルなカフェレーサースタイルからは程遠い、新しいスタイルの次元を目指したものです。

ホンダ「CB1000R」2020年モデル

 オリジナルのコンセプトと比較して、ネオ・スポーツ・カフェ・シリーズのさまざまなモデル(CB650RやCB250R、CB125Rなど)は大元のエッセンスを持っていますが、当然、レイアウトやエンジンが異なるためそれぞれが違った印象となっています。私たちは、金属などの「高貴な」材料を使用して、コンパクトで基本的な形状の技術要素を強化しました。

 最終結果として、ネオ・スポーツ・カフェ・シリーズは、EICMA2019などの競技会で出展された他のバイクと迎合しないため、好みに関わらずすぐに“ホンダのバイク”として容易に認識されます。
 
 競合他社は、クラシックまたは非常にモダンなバイクを持っていますが、私の意見では、両方のスタイルに起因するデザインのバイクはホンダ以外に無いといえます」。

※ ※ ※

「CB1000R」の新型モデルの日本導入時期は現状、未定となっていますが、上位グレードの「CB1000R +」ではヒートグリップ、アルミニウム製フロントフェンダーパネル、アルミニウム製シングルシートカウルなど幅広い「ファクトリーフィット」アクセサリーも用意されているようです。

【了】

ホンダ「CB1000R」新型モデルの画像を見る

画像ギャラリー

最新記事