犬や猫だけじゃない!癒し系動物カフェ5選~東京23区編~

東京都内には猫カフェをはじめ、数多くの魅力的な動物カフェがあります。今回は、犬や猫といったよくある動物カフェではなく、少し珍しい動物たちが集まる動物カフェをご紹介。張り巡らされた緊張という名のヘルメットを脱いで、かわいい動物たちに癒され、一息つきませんか。

近くに駐車場のある動物カフェ5選

1.コツメイト

 池袋にある「コツメイト」は、コツメカワウソやフクロモモンガ、ハリネズミと出会えるカフェです。近年人気が高まっているコツメカワウソは、日本でも密輸により繁殖が行われているという現状があります。そこでコツメイトは、日本での密輸を少なくするという考えのもと、正規輸入にこだわった動物カフェをオープンさせました。

池袋の「コツメイト」では、ハリネズミと触れ合えます

 コツメイトは色々な種類の動物たちとふれあうことを推奨しているため、コツメカワウソのみの案内は禁止されています。なので、コツメカワウソだけではなく他の動物たちとも、ぜひ触れ合ってみましょう。

 料金体系は30分1300円と60分2600円の2種類からとなっています。公式HPの予約フォームから予約すると、なんと非売品のコツメイトオリジナル缶バッジをプレゼント。予約をしていけば混雑で待つこともないので、コツメイトに行くなら予約をしていくのがおすすめです。

 バイクで行くなら、お店から徒歩1分の「ビルネットパーク東池袋第1 駐車場」を利用するか、「池袋サンシャインシティ」の駐車場を利用すると便利です。

2.アニマルルームいけもふ

「アニマルルームいけもふ」は池袋にあるお店です。先ほど紹介したコツメイトと同じビルにアニマルルームいけもふも入っています。なので、コツメイトでコツメカワウソたちに癒された後、アニマルルームいけもふでも癒されるという贅沢も可能に。

池袋の「アニマルルームいけもふ」は、小動物や爬虫類など種類も豊富です

 お店にいる動物たちは、フェネックやミーアキャット、うさぎなどの小動物、フクロウ、へびやカメレオンなどの爬虫類と種類豊富です。公式HPでお店にどのような子がいるか確認できるので、お目当ての子を見つけて行くのもいいですね。

 時間は、45分・60分・90分・120分の4つからとなっており、「時間が足りない!」となったときには、15分延長することも可能です。料金は45分1500円~となっており、最大時間の120分利用の場合は2500円と、利用時間が長い方がお得になっています。

 アニマルルームいけもふは動物たちとふれあえるだけでなく、アニマルルームいけもふで生まれた・育った動物たちのお迎えもしています。お迎えできる動物は、うさぎやハリネズミ、フクロウなどこちらも種類様々。お迎え募集は公式HPで行っているので、気になる方は要チェックです。

 コツメイト同様、こちらも「ビルネットパーク東池袋第1 駐車場」を利用するか、「池袋サンシャインシティ」の駐車場を利用すると便利です。

3.ことりカフェ

 吉祥寺にある「ことりカフェ」は、小鳥を見ながらスイーツなどが楽しめるカフェです。オカメインコやコザクラインコたちがお出迎えしてくれます。ことりカフェは小鳥をモチーフにしたケーキなどのスイーツと、本格的なコナコーヒーが人気です。タイミングが良ければ、期間限定の「出張いんこKITCHEN」さんが作る、インコをモチーフにした「インコカレー」が味わえることも。

オカメインコやコザクラインコが迎えてくれる吉祥寺の「ことりカフェ」

 ことりカフェは衛生の都合上、小鳥の放し飼いなどはされておらず、基本的には小鳥を眺めながら食事を楽しむ空間とされています。しかし、別料金で「モフモフのお部屋」で小鳥たちとのふれあい体験が楽しめます。

 ことりカフェは吉祥寺以外にも、東京では上野と巣鴨に店舗があります。店舗によって居る小鳥が違うので、事前に公式HPでどのような小鳥たちがいるか確認しておくと、よりことりカフェを満喫することができるでしょう。

 バイクで行くなら、吉祥寺店ならお店から徒歩5分の「パーキング365 下連雀1丁目」、上野店なら徒歩3分の「NPC24H谷中1丁目パーキング」、巣鴨店なら徒歩3分の「エースパーク 巣鴨駅前第1」を利用すると便利です。

癒し系動物カフェ5選の画像を見る

画像ギャラリー

1 2

最新記事