スズキ世界グランプリ参戦60周年記念カラーのGSX-RRでMotoGPに参戦

Team SUZUKI ECSTARは、2020年仕様の新色GSX-RRを発表しました。世界グランプリ参戦60周年を記念したカラーリングに仕立てられています。

GP参戦60周年記念カラーで参戦するTeam SUZUKI ECSTAR

スズキは、二輪レースの最高峰MotoGPクラスに参戦するTeam SUZUKI ECSTARの2020年シーズンの参戦マシンを発表しました。

ダビデ・ブリビオチームマネージャー/アレックス・リンス選手/ジョアン・ミル選手

 スズキのレース活動は、1960年のマン島TTレースからスタートし、エルンスト・デグナー選手が2年後にGP初勝利を飾り50ccクラスで初のワールドチャンピオンを獲得します。その後スズキは、GPで15度タイトルを獲得。昨年のMotoGPでは、アレックス・リンス選手が第3戦アメリカズGP、第12戦イギリスGPで優勝し、2019年間ランキング4位になっています。

 2020年スズキのレース活動60周年を記念したブルーにストレートシルバーを組み合わせたカラーリングに仕立てられたTeam SUZUKI ECSTARの参戦マシンGSX-RRは、アレックス・リンス選手と昨年ルーキーシーズンでの最高リザルト5位を獲得したジョアン・ミル選手のコンビで今シーズンMotoGPを戦います。

Team SUZUKI ECSTARライダーコメント

 ■アレックス・リンス選手

Team SUZUKI ECSTAR アレックス・リンス選手

 2019年は、MotoGP初勝利があり、地球上で一番エキサイティングな気持ちだったよ。夢がかなった瞬間だったし、2度目の勝利も信じられないような気持ちでした。成長できた実感もこのときの気持ちも、2020年にもつなげていきたい。学んだことで一番大切なことは、特に自分がトップを走っている時や、バトルになった時に、どうやってレースをより良くマネージメントしていくかですね。

 60年目のスペシャルカラーでレースをするのは光栄なことだと思う。スズキの一員になって良かったことの一つは、本当の家族のような感覚で過ごせること。これまでもそういうものだったのかは分からないけれど、自分にとっては、皆がスズキのDNAを共有していて、勝利への執念を持ち続けているような感覚かな。それが本当に違うところだと思う。2020年もしっかりと集中して良い結果を出して、表彰台を獲得しなければならないし、できればもっと優勝したい。それが成功への道だと信じている。少しずつ、一歩ずつ、皆で一生懸命に努力します。

 ■ジョアン・ミル選手

Team SUZUKI ECSTAR ジョアン・ミル選手

 2020年はもうルーキーではなくなるし、去年よりは自分への期待は確実に大きくなっています。去年は順調に成長することができて、ブルノの転倒という困難を克服するのにも役立ったし、シーズン終盤にはポジティブなレースをすることもできたので、いい形でシーズンを終えられたと思う。MotoGPクラス初年度は学びの1年でした。MotoGPのマシンは本当に野獣みたいで、扱い方を学ばないといけなかったし、それについてはチームのみんながすごくサポートしてくれました。今度は僕が経験を積んで、自分の名前をトップライダーの中に連ねたいですね。

 冬の間はすごくトレーニングをしました。特に、フィジカル面と、それからスムーズなライディングのためにね。これは、GSX-RRに乗るためには必要なことだと思う。あとは、セパンでまた MotoGPのマシンに乗りながら改善をしたくて、本当にウズウズしています。スズキキにとって大切な1年になるだろうし、ブルーとシルバーのGSX-RRのカラーリングはすごくカッコイイ。 歴史的な年にメンバーの一員として、そのカラーリングを背負えることを誇りに思う。

【了】

【画像】Team SUZUKI ECSTAR GSX-RRの画像を見る(14枚)

画像ギャラリー

最新記事