バイクで行ける東京の懐かしいレトロな銭湯から最新ネオ銭湯をピックアップ

東京には、古き良き時代の文化が残る銭湯はもちろん、現代の技術を活かしたものまで、その種類はさまざま。今回は、東京にあるバラエティ豊かな銭湯を紹介していきます。普段、あまり銭湯に行かない人も、都内の魅力あふれる銭湯をチェックしてみましょう。

どこか普通じゃない、都内の一風変わった「ネオ銭湯」たち

●小杉湯(杉並区)

 サブカルチャーの文化が根強くある高円寺には、昭和8創業の「小杉湯」があります。

 80年以上の歴史を誇っており、唐破風屋根の趣ある建物が特徴です。男湯の浴場壁一面には、富士山のイラストが描かれているので、昔ながらのレトロな雰囲気を堪能できます。

 一方、平成15年のリニューアルを機に、待合室には月替りのギャラリーを展開。時代に流されない、古き良き銭湯の風貌を残しながらも、アートの要素を取り入れた新しい一面を見せる銭湯です。

 営業時間は15:30から01:45、利用料金は大人470円、中人180円(小学生)、小人80円(幼児)となっています。

 小杉湯には、自転車・バイクを止められる駐車場も完備しています。自転車だけでも100台以上を収容できる広さなので、大型バイクでも問題なく利用できるでしょう。

バイクで行く古き良き銭湯巡り

●蒲田温泉(大田区)

 黒湯温泉の盛んな街としても有名な大田区には、昭和昭和12年創業の「蒲田温泉」があります。昭和の雰囲気が色濃く残っている銭湯です。

 蒲田温泉のウリはもちろん、「黒湯温泉」の湯です。お湯の色は、湯船の深さや形が分からないほど、色濃く真っ黒なのが特徴です。ナトリウム炭酸水素水・塩化鉱泉の成分によって、湯ざわりはヌルヌルとしています。神経痛や筋肉痛をやわらげ効果があり、療養のために蒲田温泉に訪れる人も多いそうです。

 営業時間は10:00から25:00、利用料金は大人470円、中人180円(小学生)、小人(未就学児)80年となっています。

 バイクで訪れる時は、徒歩4~5分の場所にある東郷1丁目のバイク専用駐車場の利用が便利です。6時間以内の駐車なら、一律50円で利用できるのでおすすめです。

●久松湯(練馬区)

 都心の謙遜から少し離れた練馬区には、東京のおしゃれ銭湯としても注目されている「久松湯」があります。

 久松湯は、浴場にプロジェクトマッピングを導入したり、床暖房を完備したり、これまでとは違うまったく新しい銭湯です。内装は、洗練されたウッドベースを基調として、温もりのあるスタイリッシュな印象です。

 営業時間は11:00から20:00、利用料金は大人(12歳以上)470円、中人(小学生)180円、小人(未就学児)80円、サウナは別料金で400円となっています。

 敷地内にはバイクを駐車することもできます。広々としたスペースが確保されているので、大型バイクの利用も問題ないでしょう。

●戸越銀座温泉(品川区)

 下町情緒あふれる戸越銀座商店街の中に、美人の湯としても有名な「戸越銀座温泉」があります。昭和35年創業の「中の湯」がリニューアルして、戸越銀座温泉へと生まれ変わりました。

 伝統と創造が融合する銭湯として、2種類の異なる空間が用意されています。1つ目は、伝統の黒湯温泉を楽しめる「月の湯」。壁一面には、銭湯絵師によって描かれた松の富士があります。2つ目は、現代アートのモダン空間に包まれたリラックススパの「月の湯」。若手グラフィックアーティストユニットによる七福神が、壁一面に描かれています。

 昔ながらの銭湯文化を残しながら、新しいアートを取り入れる、多彩な魅力に溢れた銭湯です。

 営業時間は15:00から25:00(日曜・祭日8:00から12:00)、利用料金は大人460円、中学生300円、小学生180円、未就学児80円、サウナは入浴料込で750円となっています。

 徒歩5分以内には「三井のリパーク」をはじめとしたパーキングが多数あります。

銭湯には富士山がよく似合います

●タカラ湯(足立区)

 住みたい街ランキングで上位に入る足立区北千住には、日本庭園が自慢の「タカラ湯」があります。

 昭和13年創業のタカラ湯は、昔ながらの銭湯文化が残る立派な趣が印象的です。敷地内には、「キングオブ庭園」と言われるほどの立派な日本庭園があります。手入れされた松の木やアジサイなど、四季折々の表情を楽しめるほか、池の中で優雅に泳ぐ錦鯉を見ることもできます。

 浴場には、壁一面に富士山の絵があり、昔ながらの銭湯を思わせる風貌そのもの。お湯には、黒湯温泉を使っています。

 タカラ湯の周辺には、徒歩1分ほどの場所に「ウエストパーキング北千住大川町」があります。バイク駐車スペースも確保されているので、おすすめです。

※ ※ ※

最近の銭湯には、サウナも完備されているところも

 東京都内には、昔ながらの銭湯文化が残る場所や、これまでの常識を覆す銭湯など、バラエティ豊かなスポットが盛りだくさんです。

 また、今回紹介した銭湯は、いずれもバイクで利用しやすい立地にあります。これを機に、ぜひ東京都内の銭湯巡りを楽しんでみてください。

【了】

【画像】東京の銭湯をピックアップ(7枚)

画像ギャラリー

最新記事