ヤマハ「XMAX」2020年モデル登場 「MAXシリーズ」のブランドカラーの追加でバリエーション拡大

ヤマハが販売する「XMAX」は、市街地から長距離ツーリングまで幅広い用途で活躍するスポーツスクーターです。新型モデルでは2020年の「MAXシリーズ」のブランドカラー「マットグリーニッシュグレー」などが追加されました。

新カラーの採用でより精悍に

 ヤマハはスポーツスクーター「XMAX ABS(エックスマックス・エー・ビー・エス)」の2020年モデルを3月25日に発売します。

ヤマハ「XMAX」2020年モデル(マットグリーニッシュグレー)

 水冷4ストローク・SOHC・単気筒、249ccの BLUE CORE(ブルーコア)エンジンを搭載する「XMAX」は、大型スクーター「TMAX530」と同様に、スポーティで快適な走りを実現するスポーツスクーターです。

 新型モデルでは、2020年の「MAXシリーズ」のブランドカラーであるグリーンがかったマットダークグレー「マットグリーニッシュグレー」を基本色とした洗練されたカラーリングを採用しています。

 また、2019年モデルから採用されている「マットブルー」は基本色をアップデートし、上質さを向上。同じく「マットブラック」おいてはゴールドホイールなどコンポーネントカラーを刷新してアグレッシブな印象が加えられました。なお、現行の「マットシルバー」と「マットレッド」は継続販売されます。

 精悍な2眼ヘッドランプやブーメランをイメージしたサイドカバーといった「MAXシリーズ」のイメージを受け継ぐ上質なスタイリングが与えられたXMAXの新型モデルの価格(消費税込)65万4500円で、国内年間販売計画台数は1500台となっています。
 
【了】

【画像】ヤマハ「XMAX」2020年モデルの画像を見る(20枚)

画像ギャラリー

最新記事