MotoGP新型コロナウィルスの影響でタイGPとアラゴンGPの開催日程を変更

MotoGP開催は、新型コロナウィルスの影響で今後のスケジュールに関しても不透明と発表されました。第2戦(第3戦)アメリカGP、第3戦(第4戦)アルゼンチンGPは開催OK!

欧州ラウンド開催も不透明!?

 FIM国際モーターサイクリズム連盟は5日、MotpGP開催予定のタイGP(チャーン・インターナショナル・サーキット)とアラゴンGP(モーターランド・アラゴン)の開催日程変更を発表しました。

MotoGPクラスはアメリカズGPから開催(Photo:2019MotoGPアメリカズGP)

 世界的に流行となっているコロナウイルスが原因で3月20日から22日まで第2戦として予定していたタイGPの開催延期を決定した後、FIM国際モーターサイクリズム連盟、IRTA国際レーシングチーム連盟、ドルナスポーツは、タイGPのシーズン後半戦開催に向けて検討調整を行い、当初10月2日から4日まで第16戦アラゴンGPの開催が予定されていましたが、タイGPに代替し、アラゴンGPを1週間前の9月25日から27日に開催することを発表しました。

 ドルナスポーツの最高経営責任者カルメロ・エスペレータ氏は、「アメリカとアルゼンチンはOKですが、私は将来に起こることではなく、問題を救うのに十分な機会があると言います。アメリカとアルゼンチンの後は、ヨーロッパでの開催となりますが、状況次第です。これが最も重要なこと。今日、当局は多くの観客を集めるイベントを禁止しました。問題は入国を禁止された国籍を持つ多くの人たちがパドックにいることで、解決策を現在考えています。何らかの措置が近づいているとき、それに対して反応する幾つかのアイデアがあります。

 FIMとの契約により、チャンピオンシップの最低開催数は13戦です。キャンセルが多くなり、最悪の場合が発生するかもしれませんが、まだ時間があります。我々の義務はレースをすること。レースを開催します」と報道機関の質問に答えています。

Monster Energy Yamaha MotoGPバレンティーノ・ロッシ選手

 今年でグランプリ参戦25年目となるMonster Energy Yamaha MotoGPバレンティーノ・ロッシ選手は、「最高峰クラスのキャンセルによって、レースを始めるのに、どのくらい待つ必要があるのか分からないから、ファンにとっても難しいニュースになってしまった。タイでの開催が延期となったことから、本当に長い時間になってしまうけど、数週間後に状況が良くなることを願う」とコメントしています。

 ツインリンクもてぎで開催されるMotoGP第17戦日本は、3月6日時点で日程変更のアナウンスはされていません。

 史上最多全20戦で開催予定だった2020MotoGPは、カタールGPでMotoGPクラスがキャンセルとなり他の開催地でもコロナウイルスの影響が出ています。これから先もMotoGP開催について日程変更やキャンセルが発表されるのでしょうか。

【了】

【画像】MotoGP開催日程変更について(9枚)

画像ギャラリー

最新記事