ツーリング先のチェックや地図を見るのにも役立つ最新オススメのスマホ・タブレット5選

いまや誰しもが利用しているスマホやタブレット。高性能カメラをはじめ、スマホやタブレット一つでなんでもできる時代になりました。今回は、ツーリングにも持っていきたいスマホ・タブレットの最新おすすめ機種を特集します。

いま注目を集める!最新のおすすめスマホ・タブレット5選

 近年、どんなスマホ・タブレットが注目されているのでしょうか。最新のおすすめスマホ・ブレットを5つ紹介していきます。スマホ・タブレットの買い換えを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。ツーリング情報や地図情報、持ち運びにも便利なスマホやタブレットをうまく活用しましょう。

スマホを接続し、「Apple CarPlay」を使用可能なホンダ「Gold Wing」

●AQUOS season3

【基本スペック】———————-
価格…3万1680円~
サイズ…約147mm×約70mm×約8.9mm
重量…約167g
OS…Android 9 Pie
バッテリー…4000mAh
——————————————

 コスパの良さにより、根強い人気を集めている「AQUOS season」シリーズから、三世代目の新しいモデルが登場しました。

 まず、ハード面にはアルミを採用しているため、高強度で落としても壊れにくいとのことです。質感はサラサラとしているので、触り心地もよく、上質なイメージを与えるデザインです。また、防水・防塵になっているため、水没や汚れによる故障にも強いのが特徴です。

 機能性では、顔認証と指紋認証の両方を搭載しているほか、指紋認証・顔認証ともに高反応なため、ストレスなくロックを解除できることもポイントです。さらに、AQUOS season3では、お財布ケータイ機能も搭載しているので、コンビニなどでもスマホ1つで決済が可能です。

 また、近年のスマホで欠かせないカメラ機能では、通常の撮影モードの他に、夜間撮影モードやズームモードなど、シーンに応じた写真が撮れるのも魅力です。そして、最大の注目ポイントは、充電の持ち時間です。約180時間に及ぶバッテリー維持を誇ります。ユーザーレビューでは、AQUOS season3を使っている人の中には、その持ちの良さに驚く声も多くありました。

 AQUOS season3は、スマホにとって欠かせない機能をしっかり抑えたバランスの良い機種でしょう。また、iPhoneなどの人気機種と比べて、本体料金が高すぎないのも嬉しいポイントです。お金はかけたくないけど、ある程度のスペックがあるスマホを探している人は、AQUOSseason3を検討してみてください。

 ●OPPO ReonA

【基本スペック】———————
価格…3万9380円
サイズ…高さ158.4mm×75.4mm×7.8mm
重量…約169.5g
OS…ColorOS 6(Android 9ベース)
バッテリー…3600 mAh
——————————————

 2019年の10月に登場したばかりの「OPPO ReonA」は、ハイスペックでありながら本体価格も比較的抑えられており、多くの人気を集めるスマホの1つです。

 デザインは、流行りの美しいグラデーションカラーを使用し、ステイリッシュな仕上がりとなっています。ただ、傷つきやすい素材とのことで、キズが気になる人は保護ケースを使いましょう。カメラユニット部分の出っ張りは控えめになっているので、洋服の縫い目などに引っかかる心配も少ないです。

 実際の使い心地は、お財布ケータイ機能を搭載しており、「paypay」などのバーコード決済にも対応しています。生態認証については、顔認証と指紋認証の2種類を搭載しており、解除の速度も申し分ないでしょう。ただ、顔認証の場合、目元を隠しているとロックの解除ができません。

 カメラ機能は、AIによる画作り機能を搭載しているため、全体的に明るく、適度な鮮やかさを再現できることから、なんでもない写真も華やかな印象に。また、逆光や暗い場所でもキレイに写真が撮れる「HDR機能」を搭載しているので、外での撮影もバッチリです。

 このように、先進機能をしっかりと備えた上で、その本体価格は4万円を切っています。なるべく価格は抑えたいけど、スペックには妥協したくない人に、ぜひ使ってもらいたいスマホの1つです。

 ●iPhone11

【基本スペック】———————-
価格…7万9800円~
サイズ…150.9 mm×75.7 mm×8.3 mm
重量…約194 g
OS…IOS13
バッテリー…不明
——————————————

2019年9月10日に開催されたAppleのイベントで壇上に立つティム・クックCEO

 日本人が使っているスマホの中でも、1番のシェア率を誇るiPhoneの最新モデルが「iPhone11」です。

 iPhone11は、全11色の中から選べるカラーを展開し、女性にも人気の高いパステルカラーなど、取り入れています。背面はガラス張りになっているため、その光沢感がデザイン性の高さを引き出しているポイントとされています。前モデルのiPhoneXSに比べると、サイズは少し大きくなっています。

 新しく追加された機能としては、お財布ケータイの機能の残高チェックです。交通系ICカードなどは、改札口を通る時にパッと確認するだけで見過ごしやすいものです。しかし、この機能を使えば、iPhone11に交通系ICカードをかざすと、画面に残高が表示されます。

 そして、大きな躍進をとげたのが、カメラ機能です。超広角カメラを搭載したことで、より広い範囲での撮影が可能になりました。また、超広角レンズに起こりやすい、湾曲によるズレも補正できるため、広大な景色や大きな建物もキレイに撮影できます。さらに、ナイトモードも新たに追加されたことで、夜の撮影でも明るい写真が撮れるようになりました。

 なお、最新のiPhone11は、これまでの機種にくらべて、価格も大幅に下がっています。iPhone製品の中でも、コストパフォーマンスにすぐれた機種なので、ぜひ1度手にとってみてください。

●iPad 10.2インチ 第7世代 

【基本スペック】———————-
価格…3万6500円~
サイズ…10.2インチ
重量…約483g
OS…IOS13
バッテリー…不明
——————————————

第7世代iPad

 タブレット初心者にも根強い人気を誇る「iPad」ですが、その最新機種である第7世代の10.2インチが人気を集めています。

 その魅力のひとつは、Apple製品が強みとしているディスプレイの美しさでしょう。第7世代は、色彩も艶やかになっているので、画面の見やすさも格段にアップしています。顔認証機能も追加されているので、タブレットを見るだけでロックを解除することもできます。安全性が高いのはもちろん、手を使わずにロック解除できる点も魅力です。

 また、処理性能がパワーアップしたため、動画視聴や資料作成もサクサク進めることができます。また、iPadペンシルに対応しているため、ペンのようなタッチも実現可能です。メールチェックやプレゼンの資料づくりといった作業であれば、問題なくこれ一台で解決できるでしょう。さらに、Apple純正のスマートキーボードに対応しており、ノートパソコン感覚でも使うことができます。

 幅広いシーンで使えるものを選びたいけど費用は抑えたい、はじめてのタブレットで何を選べば良いのか分からない、といった人は、ぜひiPad第7世代を検討してみてください。

ツーリング先でも便利な情報端末

●HAUWEI MediapadT3 7

【基本スペック】——————-
価格…1万6800円~
サイズ…7インチ
重量…250g
OS…Android 6.0 / Emotion UI 4.1
バッテリー…不明
—————————————

 薄型・軽量で扱いやすいことから、幅広い世代で人気を集めているのが「ハーウェイ MediapadT3 7」です。

 薄さ8.6mm、重さは250gの軽量設計となっており、持ち運びにも便利です。デザインもシンプルで、価格もリーズナブルなことから、総合的な評価も高いタブレットの1つです。

 ディスプレイには、長い時間眺めていても目が疲れないように、視力保護機能を搭載しているほか、解像度も1200×600となっており、ゲームや動画にも迫力が出るでしょう。また、タブレットの操作性においては、サクサクと動作するメモリを導入しているため、ストレスを感じることなく使いこなせるでしょう。

 いつでもどこでもタブレットを持ち運ぶ機会の多い人は、ハーウェイ MediapadT3 7をチェックしておきましょう。

※ ※ ※

 近年のスマホ・タブレットは、高いスペックを誇りながら、リーズナブルな価格のものが増えています。中でも、今回紹介した最新のスマホ・タブレットは、実際に利用している人の多くから、人気を集めている商品ばかり。もし、気になる商品を見つけた時は、手にとってその使い心地を実感してみてください。

【了】

【画像】最新オススメのスマホ・タブレットをもっとみる

画像ギャラリー

最新記事