ホンダ「CT125ハンターカブ」発売日決定 販売価格も明らかに

ホンダは新型の原付二種モデル「CT125ハンターカブ」を発売します。スーパーカブC125をベースに設計されたハンターカブはどのような仕様になっているのでしょうか。

注目モデルの発売日・価格が明らかに

 ホンダは新型の原付二種モデル「CT125ハンターカブ」(以下:ハンターカブ)を2020年6月26日に発売します。

ホンダ「CT125ハンターカブ」

 大ヒットを記録したホンダ・カブシリーズのフラッグシップモデル「スーパーカブC125」をベースに開発されたハンターカブは、同シリーズの魅力である普段使いの気軽さに加え、郊外へのツーリングやキャンプなど様々なアウトドアレジャーへの移動手段に最適なモデルとなっています。

 市街地走行から郊外へのツーリングや、林道でのトレッキングなど、幅広い走行状況を想定したハンターカブは、フレーム剛性バランスの最適化に加え、110mmのストローク量を 持たせたフロントフォーク、アップマフラーやアンダーガードなどを採用することで不整地でのトレッキング性能を向上。

 搭載されるエンジンはスーパーカブC125と同じものとなっていますが、最高出力8.8ps/7000rpm、最大トルク1.1kgf/4500rpm(スーパーカブC125の最高出力は9.7ps/7500rpm、最大トルクは1 kgf/5000rpm)に設定し、ツーリングや トレッキングにおけるゆったりとした巡航時など低中速域での力強さを重視した出力特性とされています。

 外観面においては、スーパーカブシリーズのアウトドアレジャー向け派生モデルに共通した機能的でタフなイメージと、現代の生活スタイルとの調和を図った独自の存在感を主張するデザインを採用。ボディカラーは市街地からアウトドアまで幅広い環境に調和するグローイングレッドとマットフレスコブラウンの2色展開となっています。

 8000台の国内販売が予定されているハンターカブの価格(消費税込)はスーパーカブC125から3万3000円アップの44万円となっています。

【了】

【画像】ホンダ「CT125ハンターカブ」を見る(18枚)

画像ギャラリー

最新記事