モトグッツィ「V7 III SPECIAL」登場 1970年代を強調するスタイリングと艶っぽさを演出

イタリアの老舗バイクメーカー「MOTO GUZZI(モトグッツィ)」の主力モデル「V7」シリーズが、2020年最新型「V7 III SPECIAL」となって登場します。

ベーシックなスタイリングを艶っぽくカスタマイズ

 モトグッツィの主力モデルとされる「V7 III」シリーズに、クロームパーツを多用し艶やかなペイントとグラフィックでクラシックな車体にエレガントさを演出する「V7 III SPECIAL(ブイ・セブン・スリー・スペャル)」が登場します。2020年3月27日より全国のモトグッツィ正規販売店にて受注を開始し、5月中旬より出荷が開始されます。

モトグッツィ 「V7 III SPECIAL」(2020年型)カラー:オニスブラック

 丸目1灯のヘッドライト、アップライトなハンドルバー、2眼式のスピードとタコメーター、燃料タンクとサイドカバーのグラフィック、タックロールのシートに加え、前輪18インチ、後輪17インチのワイヤースポークホイールを履き、アルミ製リムはポリッシュ仕上げ、ハブにはブラック塗装が施されており、その造形は1970年代のスタイルを強調しています。

 伝統のパワーユニットは縦置きクランク、排気量744ccの空冷90度V型2気筒OHV2バルブエンジンを搭載し、最高出力52HP/6200rpm、最大トルク60Nm/4900rpmを発揮し、乾式単板クラッチにシャフトドライブを採用しています。

「V7 III」シリーズは1967年にイタリアで最初に発売された「V7」シリーズの第三世代にあたり、モトグッツィの中核モデルとして改良を加えながらラインナップし続け、車体サイズや重量が抑えられるためエントリーモデルとしての役割も担いながら、モトグッツィの最量販モデルとなっています。

 電子制御システムにはABSシステムと調整式のトラクションコントロールシステムを搭載し、ホイールロックや後輪の空転を防ぎ、不意なアクシデントを低減します。

 モトグッツィ「V7 III SPECIAL」の価格(消費税10%込み)は117万7000円、カラーバリエーションは「オニスブラック」と「クリスタルグレー」の2色設定です。

【了】

【画像】モトグッツィ 「V7 III SPECIAL」スタイリング(7枚)

画像ギャラリー

最新記事