カワサキ4気筒250cc「Ninja ZX-25R」 カスタムプロジェクト【Stage 3】の動画を公開

カワサキ・インドネシアは同社の公式YouTubeチャンネルで新型の250cc4気筒モデル「ZX-25R」のカスタムプロジェクト【Stage 3】の動画を公開しました。

カーボン製外装パーツでレーシーな装いに

 カワサキ・インドネシアは4月4日に発表される予定だった(新型コロナウイルスの影響で延期)カワサキ250cc4気筒モデル「Ninja ZX-25R」をベースにしカスタムプロジェクト【Stage 3】の動画を、公式YouTubeチャンネルで公開しました。

カワサキ・インドネシアの公式YouTubeチャンネルで公開された「Ninja ZX-25R」カスタム。【Stage 3】ではA-Tech,製のカーボン外装キットが装着されました

「Kawasaki Ninja ZX-25R Modification」というタイトルで展開されている同プロジェクトは、3つのパートで構成されたもので、4月24日公開の【Stage 1】では、タイにも拠点を持つ日本のパーツブランド「Sniper(スナイパー)」製のバックステップキットやハンドルバーを装着。

 4月30日公開の【Stage 2】として公開された動画では、性能を向上させるパーツを数多く手掛けてきた老舗「ヨシムラ(YOSHIMURA)」製のエキゾーストが取り付けられました。

 5月8日に公開された【Stage 3】では、国内外メーカー製の様々なモデル用のフェアリングや外装パーツを製造・販売するA-Tech,製のカーボン外装キットが登場。メカニックの手により手際よく作業が行われています。

 作業を終えたNinja ZX-25Rは、純正のスタイルを踏襲しつつカーボンの美し折り目をのぞかせることでかなりレーシーな姿となっていますが、製品の発売に関しては現状、詳細は公開されていません。 

【画像】カスタムされたカワサキ「Ninja ZX-25R」を見る(18枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事