いまは我慢! バイクでも行きたい東京下町スイーツ巡り 江戸時代から続く『言問団子』と『長命寺桜もち』

東京都のなかでもとりわけ情緒深い下町、隅田川にかかる言問橋(ことといばし)付近には、江戸時代から続く老舗の和菓子店があります。バイクで訪れて散策するのも一興です。

300年前の日本人が愛した『言問団子』と『長命寺桜もち』

 東京都のなかでもとりわけ情緒深い下町、隅田川にかかる言問橋(ことといばし)付近の川沿いの道路を行くと、江戸時代から続く和菓子屋さんがあります。何年経っても人気は変わらず、お目当ての和菓子が売れ切れてしまうこともあり、朝の清々しい空気のなか、バイクで買いに行くのも気持ち良いものです。

「串に刺さない」スタイルの伝統の団子、甘さ控えめの言問団子は淡い色合いと箱に収まった姿が可愛らしい印象

『言問団子(ことといだんご)』と『長命寺桜もち』は、互いの店舗が目と鼻の先にある和菓子の名店です。その歴史は江戸時代から300年以上もあり、長い間、旅人や地元の人々に愛されてきたことが想像できます。

 言問団子は、祖先が在原業平朝巨が東国を旅した時に読んだ和歌「名にし負はばいざ言問はむ都鳥わが思ふ人はありやなしや(都の事情に詳しいだろうから、さあお尋ねよう、都鳥よ。私の恋い慕う人は無事でいるのだろうか)」にちなみ、「業平(なりひら)神社を建てて業平朝臣を祀り、この地を「言問ヶ岡」と名付けたことに由来します。隅田川を飛ぶ鳥「都鳥」に、恋人の安堵を「問う」歌なのですね。

 風光明媚なこの地を散策する文人墨客の要望に応えるため、手製の団子を作ったというのが言問団子のはじまりだとか。

 可愛らしい姿と色合いの3色の団子は、柔らかいお餅と甘さも控えめの餡の組み合わせが絶妙なスイーツです。この3種の餡の微妙な味の違いも楽しめます。「串に刺さない」というスタイルも伝統ですね。

 粗野な感じは全くなく、かといって気取りすぎない。当時から、向島、隅田川ならではのビジュアル感覚があったのかもしれません。各種サイズから選べます。

 歩いて1分、いや、10秒くらい? という近さで長命寺桜もちがあります。こちらも朝からお客さんが訪れる名店で、8:30から開店していました(※いずれのお店も新型コロナウイルス感染予防対策のため、営業時間や店内飲食など、通常営業とは異なります)。

長命寺桜もちは薄く伸ばしたお餅で甘さ控えめの餡を包み込んでいる。儚さも感じる絶妙な味わいの下町スイーツ

 長命寺桜もちも300年以上、言問団子と同じくらいの歴史があります。享保2年(1717年)に山本新六氏が創業したそうです。

 桜もちは北海道産の小豆に、西伊豆、松崎産の桜の葉を使用しています。薄く柔らかいお餅が美味! 塩漬けされた桜の葉は、本来は餅から外しますが、ちょっとかじっても桜もちの甘さが引き立たって美味しいです。

 隅田川は桜の名所ですから、江戸時代のお花見には言問団子と桜もち、どちらも大人気だったことでしょう。そして神社とお寺、この2舎が近くに共存するのが、なんとも日本ならではの大らかさを感じます。

 また、少し離れたところに、創業百十余年の『志“満ん草餅(じまんくさもち)』もあり、こちらは行列が出来る人気店です。

『志“満ん草餅(じまんくさもち)』から近い場所に6台の駐輪が可能な『トメレタ バイク駐車場(東京都墨田区堤通1-11-17)』がある(予約制)

 隅田川にかかる数々の橋や、すっかり観光名所となった東京スカイツリー、向島百花園など、いつかバイクで巡ってみるのも一興ではないでしょうか。

【了】

【画像】バイクでも行きたい、東京下町スイーツ巡り(16枚)

画像ギャラリー

最新記事