『小野木里奈の○○○○○日和』 志摩リン仕様のトリシティ特別カラーに試乗しました!

初夏のみぎり、気持ちの良い風が流れる季節ですが、都内近郊で志摩リン仕様のトリシティ125に試乗しました。生活の一部にトリシティ125が加わることで、日々の生活効率が断然向上しました。新連載『小野木里奈の○○○○○日和』スタートです。

特別仕様のトリシティは、可愛い色に使い勝手も抜群!

 あのドラマ化でも話題となった漫画『ゆるキャン△』で登場したヤマハのトリシティ125に試乗してみました!

新連載『小野木里奈の○○○○○日和』スタート

 実際に登場する漫画『サウナとごはんと三輪バイク』の物語は、ヤマハのHPにて公開されています。一人キャンプが好きな女の子、志摩リンちゃんがトリシティで山梨県のサウナ施設に向かうんです。このトリシティのカラーは世界に1台しかない「志摩リン仕様」の特別カラー!そんな特別なトリシティを体験しちゃいました♪

 パステルブルーに前輪2輪のデザインは、より近未来な印象です。珍しい色ですよね。形もぽてっとしていて可愛らしいです。

 足つきは160cmの私がまたがったとき両足でつま先どちらもつくので、足つきは女の子でも心配ないかと思います。特に運転中のフットレストに足を置いた姿勢は丁度良く、私と同じくらいの身長の方にとってはとても楽な姿勢だと思います。

 トリシティ125の重さは、他の125ccに比べると、前輪が1つ多いこともあり原付二種にしては重いと感じるかも。ですが、私でも押し歩きできる重さなので、女の子でも支えることは難しくないと思います。一人で運転するとき、慣れていないライダーはエンジンを始動させる前までのバイクの扱いが不安だったりします。それは駐車場から道路に押して出すときや押して歩くとき、重いバイクだと女の子や初心者ライダーにとってバランスの取り方がすごく難しいからなんです。このサイズでこの重さなら最初に持つスクーターとして選ぶこともおすすめできます!

トリシティ125は、利便性も高くマニュアル車には無い強みにも気付きました

 今回、数日の間トリシティ125を借りて運転を楽しませて頂きました。とにかく感じたことは、利便性の高さ!

 バイクを持っていなかった私の生活の一部にトリシティ125㏄が加わることで、日々の生活効率が断然良くなりました。ちなみに私の家の近所は坂が多く、急な坂も多いので自転車があってもちょっと辛さを感じてしまい、買い物行きたくても正直面倒くさいと思ってしまうんです。

 ですが、トリシティが我が家に来てからまずそのストレスが無くなりました。原付二種ならではのコンパクトで気軽に駐車場から出し入れできることから、自転車のようにさっと出掛けることができます。そしてメットインという収納スペースのおかげで買い物の量も心配いりません。

 バイクの免許を取ろうと思った当初は、私はスクーターに全く興味がありませんでした。憧れたのはクラッチを握ってギアチェンジをする格好良いビジュアルのマニュアルバイクでした。当時は便利さよりも格好良さを優先していたんです。でもこうやってスクーターの試乗を重ね、さらに数日生活の一部としてトリシティに乗っていると、スクーターにはマニュアル車には無い強みがたくさんあることに気が付きました。

魅力が満載のトリシティ125、前二輪のおかげで安定感も抜群です

 125㏄のスクーターならではの自転車感覚で扱える手軽さ、物はたくさん積める収納力、道路が狭くても運転しやすいコンパクトなサイズ感、マニュアル車と違い運転操作が少なく余裕を与えてくれるなど、魅力が満載です。さらにトリシティ125の場合は前輪が2つあるおかげで、他のスクーターよりも更に安定感が際立ちます。特にカーブや信号待ちをしているときは、三輪ならではのバランスの良さを体感できました。また、運転している途中、雨が降り出したときがありましたが、三輪なので路面が濡れていても滑るリスクは二輪よりも少なく、とても安定していましたね。

 運転に安定感があることや、運転操作がマニュアル車よりも単純であることは、ライダーにとって運転時に余裕が持てるので、安全確認をより徹底することができます。体勢もマニュアル車に比べて疲れにくい姿勢なので、長時間乗っていても安心です。志摩リンちゃんが作品中で山梨県まで長旅していますが、山道なども確かにトリシティ125なら楽々運転できそうです。

 コロナウイルスの影響で外出自粛となり、家にいる時間が今まで長かったと思います。家に閉じこもりすぎても精神的に不安定になりますし、ストレスも溜まってしまうもの。緊急事態宣言が解除され、私はストレス解消するために、散歩したりランニングして気分転換をするようにしていました。

日々の生活をトリシティと過ごしたことで、バイクの利便性の高さを実感しました

 そして、トリシティ125が我が家に来てからは、ぐるっと近所や人通りの少ない道路を走ったりしてバイク散歩を楽しんでいます。一人でバイクを運転でしたら、誰とも接触しないですし、マスクの上にヘルメット着用での防備力はもちろん、道路を走っており人込みの中に入っているわけでもないので、感染リスクは歩いて散歩するよりもむしろ低いのではないのでしょうか。

 こういう外出方法も気を遣う時期だからこそ、バイクの利便性の高さを感じることができました。また、トリシティ125が生活の一部になることで、こんなにも日々の生活効率が上がるということを実感できました。これを機会に皆さんの是非原付二種バイクを生活の一部にしてみてはいかがでしょうか。

【画像】小野木里奈の○○○○○日和(14枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事