2020年シーズンMotoGP開催日程改訂版をFIMが発表!

FIMは、2020年シーズンのMotoGP開催日程を発表しました。欧州の5か国、8サーキットで13戦が開催される予定です。

最大17イベント開催の可能性もあり!

 国際モーターサイクリズム連盟(FIM)は、2020年シーズンの改訂版となるMotoGP開催日程を発表しました。欧州の5か国、8サーキットで13戦が開催される予定です。MotoGPに参戦する各チームのライダーは、それぞれ通常のトレーニングを開始しており、レース再開に向け準備が整いつつあります。

Monster Energy Yamaha MotoGP Team バレンティーノ・ロッシ選手

 7月は、ヘレス・サーキットでスペインGPとアンダルシアGPを2週連続して開催されます。

 8月は、当初の予定通りにアウトモトドローム・ブルノとレッドブルリンクで開催。レッドブルリンクでは、オーストラリアGPとスティリアGPの2連戦となり、チェコGPから3週連続の開催となります。

 9月は、ミサノ・ワールド・サーキットでサンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPとエミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGPの2週連続開催後、スペインに移動し、バルセロナのカタルーニャ・サーキットで1戦を開催。8月に引き続き、3週連続の開催です。

 10月は、当初5月に予定していたルマンで開催し、モーターランド・アラゴンでは、アラゴンGPとテルエルGPを開催し、3か月連続の3週連続の開催となる。

 11月は、サーキット・リカルド・トルモでヨーロッパGPとバレンシアGPを2週連続して開催。

 アメリカ、アルゼンチン、タイ、マレーシアなど欧州以外でのイベント開催に関しては、7月31日までに評価及び確認され、12月13日以降にイベントを開催することはなく、カタールGPを含めて最大で17のイベントとなります。

 全ての日付とイベント、そして観客の収容は、パンデミックの蔓延、開催地の政府及び当局の対象となります。

【写真】今季のMotoGP開催日程が発表! 参戦ライダーを見る

画像ギャラリー

最新記事