普通自動二輪免許で乗れるモデルが好調? KTMジャパンは2020年1月から6月までに780台の小型二輪車を販売

KTM Japanは、2020年1月から6月の期間に、小型二輪車(排気量250cc超)を780台販売し、2014年に次ぐ過去2番目の記録となったことを発表しました(前年比13.0%増)。

フラッグシップエンジン車とエントリーモデルの好バランスか

 オーストリアのKTMはオフロードに特化したメーカーとしてスタートし、“READY TO RACE”というフィロソフィー(哲学)のもと、購入してすぐレースに出られるパフォーマンスを持つモデルを生産しています。現在はオフロード、オンロード問わず、軽くスリムでハイパワーなマシンを最優先に開発しています。

排気量1,301ccのKTMのフラッグシップエンジン「LC8」(水冷V型2気筒)を搭載する「1290 SUPER DUKE R」(2020年4月発売)

 KTM Japanは、2020年1月から6月の期間に、小型二輪車(排気量250cc超)を780台販売し、2014年に次ぐ過去2番目の記録になったこと(前年比13.0%増)、また6月単月では過去最高を記録したことを発表しました。

 小型二輪車(250cc超)市場全体が前年比マイナス6.1%と厳しい状況の中、前年比13.0%増を達成した主な要因としては、2020年4月に市場投入した新型「1290 SUPER DUKE R」の販売が好調であったこと、2020年4月に新規市場投入した「390 ADVENTURE」が新たなユーザー層の取り込みに成功し、販売増に寄与したと言います。

 また、販売キャンペーンの実施や、正規ディーラーの新規オープン(2020年5月、香川県初の正規ディーラー)が販売の上乗せに貢献した、としています。

排気量373.2ccの水冷単気筒エンジンを搭載するKTM「390 ADVENTURE」(2020年4月発売)

 KTMの公式サイトでは、すでにモトクロスレンジの2021年モデルが公開されています。4ストロークエンジンのみならず、2ストロークエンジン登載車、さらに電動バイク(E-RIDE)も現行車としてラインナップしており、電動モトクロッサー(ジュニア向け)の日本国内における販売も公表され、今後の展開にも期待が高まります。

【了】

【画像】販売好調な「KTM」の人気モデルを見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事