HRCがポル・エスパルガロと2年契約  A・マルケスはLCR Honda Teamから参戦

株式会社ホンダ・レーシング(HRC)は、レッドブルKTMファクトリー・レーシングから参戦していたポル・エスパルガロ選手と契約を結びました。HRCのワークスチームライダーとして2021年シーズンから2年間、MotoGPクラスに参戦します。

KTMから電撃移籍

 株式会社ホンダ・レーシング(以下、HRC)は、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)ロードレース世界選手権Moto2クラスで2013年にチャンピオンを獲得したポル・エスパルガロ選手(29歳 スペイン)と2021年からの2年契約に基本合意し、ワークスチームのライダーとして「Repsol Honda Team(レプソル・ホンダ・チーム)」から、MotoGPクラスに参戦することを発表しました。

レッドブルKTMファクトリー・レーシングからHRCへの移籍が決定したポル・エスパルガロ選手

 ポル・エスパルガロ選手は、2006年にFIMロードレース世界選手権125ccクラスに参戦すると、2011年にMoto2クラスへ昇格し、2013年には同クラスのチャンピオンを獲得。2014年からはモンスター・ヤマハ・テック3からMotoGPクラスに昇格し、2017年にレッドブルKTMファクトリー・レーシングに移籍し、これまでに104戦を経験しています。また、2015年と2016年の「鈴鹿8時間耐久ロードレース」では、に2年連続で優勝を飾っています。

 なお、2020年シーズンにHRCからMotoGPクラスに参戦するアレックス・マルケス選手は2021年から2年間、サテライトチームのLCR Honda Team(エルシーアール・ホンダ・チーム)からの参戦が決定していますが、今回の移籍は、ワークスチームでの経験を活かすとともに、HRCの長期戦略の一環として行われるものと発表されています。

【了】

【画像】ホンダのマシンで参戦するライダーたちの画像を見る(5枚)

画像ギャラリー

最新記事