開幕から3戦連続ポールポジションの鈴木竜生選手がMoto3クラス今季初優勝!

MotoGP第3戦アンダルシアGP Moto3クラスは、ポールポジションからスタートしたSIC58 Squadra Corseの鈴木竜生が、今季初優勝を達成しました。

ポール・トゥ・ウィンを飾理今季初優勝の鈴木竜生選手!

 MotoGP第3戦アンダルシアGP Moto3クラス決勝は、午前中から気温がり上昇し、厳しいコンディションの中で22周のレースが開催されました。決勝レースは、開幕から3戦連続でポールポジション(PP)を獲得したSIC58 Squadra Corseの鈴木竜生選手が、集団を押さえ込み今季初優勝を達成しています。

ポールポジションを獲得したSIC58 Squadra Corse 鈴木竜生選手

 前戦スペインGPはPPを獲得する速さをアピールするも、集団となった優勝争いの中で8位に終わっています。その反省からアンダルシアGPは、接戦に強いセッティングとし、それが鈴木選手の今季初優勝に繋がったようです。

 2位にはPetronas Sprinta Racingジョン・マクフィー選手で、開幕戦カタールGPに続き、今季2回目の表彰台獲得。前戦スペインGPでは、最終ラップの攻防で他者と接触して転倒しており、表彰台争いをしていただけに悔しい結果となっていました。

 アンダルシアGPは、レースペースが上がり、終盤のトップ集団は7台。予選2番手から3戦連続表彰台と初優勝を目指したHonda Team Asia小椋藍選手は、8周目の9コーナーで後続のLeopard Racingハウメ・マシア選手の転倒に巻き込まれ、再スタートしましたが、15周を終えてピットに戻りリタイアとなりました。

 その他日本勢は、ルーキーのEstrella Galicia 0,0 山中琉聖が9位、Red Bull KTM Ajo鳥羽海渡選手が11位、Honda Team Asiaの國井勇輝は16位、Red Bull KTM Tech3 Moto3佐々木歩夢選手はリタイアでした。

■SIC58 Squadra Corse 鈴木竜生選手(優勝)

今季初優勝を飾った SIC58 Squadra Corse 鈴木竜生選手

「スタートからゴールまで100%の走りでした。いつも、最終ラップまで大混戦の優勝争いになりますが、今日はかなり台数もしぼられて、全体的にクリーンなレースでした。すぐ後ろにロドリゴがいました。彼はいつもアグレッシブなライダーですが、今日は競り合いの中でいい走りをしていました。先週のスペインGPは1分47秒台の戦いでしたが、今日は1分36秒台のレースとなり、ペースが速くなったこともトップ集団が小さくなった理由だと思います。開幕から3戦連続PPを獲得して3度目の正直。本当にうれしいです」

※ ※ ※

 MotoGP第4戦は、8月7~9日にチェコのブルノサーキットで開催されます。

【了】

【画像】アンダルシアGP Moto3決勝の画像を見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事