ドゥカティ「ストリートファイターV4」発売 200PSオーバーのハイパーネイキッドが日本市場に登場

ドゥカティ・ジャパンは200PSオーバーの最高出力を誇るデスモセディチ・ストラダーレ・エンジンを搭載したハイパーネイキッドモデル「ストリートファイターV4」を日本市場に導入します。

ネイキッドモデル最高峰の最高出力

 ドゥカティ・ジャパンはイタリア・ミラノで開催されたバイクの見本市「EICMA(エイクマ)2019」で一般公開し話題を集めた新型車「ストリートファイターV4」及び「ストリートファイターV4S」を8月1日に発売します。

ドゥカティ新型「ストリートファイターV4」(左)と「ストリートファイターV4 S」(写真右)

 世界各国で高い支持を受けているスーパースポーツ「パニガーレV4」からフェアリングを取り除き、高く幅の広いハンドルバーを装着したストリートファイターV4シリーズは、208psを発生する1100ccデスモセディチ・ストラダーレ・エンジンを搭載したハイパーネイキッドモデルです。

 180kg(ストリートファイターV4Sは178kg)という軽量な車体とされたストリートファイターV4では、ダウンフォースを生み出すバイプレーン・ウイングを採用したうえで、高度な電子制御を搭載。強力なエンジンパワーを効率よく路面に伝えることが可能となっています。

個性的なフロントマスクのドゥカティ「ストリートファイターV4」(写真はS)。優れた走行性を実現しています

 また、デザイン面においてはジョーカー(デザイナーがインスピレーションを得たアニメ・キャラクター)の笑顔を連想させるフロントフェイスも特徴の一つで、パニガーレV4とスーパースポーツ各種にも採用されているV字型のデイタイム・ランニング・ライト(DRL)も併せて採用されています。

 スタンダード、およびオーリンズ製の前後サスペンションやマルケジーニ製ホイールを備えた「S」の2グレードで展開されるストリートファイターV4シリーズは価格(消費税込)243万5000円からで、車体色はドゥカティ・レッドのみの展開となっています。

【了】

【画像】ドゥカティ新型「ストリートファイターV4」の画像を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事