2020年型YZF-R1をベースに1993年のSBKカラーを施しオークションに出品!

2020年SBKの最終戦エストリルでヤマハモーターヨーロッパは、1993年のエストリルで優勝した#5 ヤマハYZF750 SP "キング・オブ・モンツァ "ファブリツィオ・ピロバーノ選手のレプリカをオークションに出品すると発表しました。

“キング・オブ・モンツァ “ファブリツィオ・ピロバーノ選手のレプリカとは

 FIMスーパーバイク世界選手権(以下:SBK)は、ポルトガルのエストリル・サーキットで27年ぶりに開催されました。27年前、このサーキットで行われた最終戦でヤマハのファブリツィオ・ピロバーノ選手が第1レースでSBK10回目の優勝を飾っています。これを記念して、「ピロ」レプリカのバイクが、元グランプリ世界チャンピオンでSBKレーサーのアレッサンドロ・グラミーニが、SBKレース2の前に#5 R1を駆ってパレードラップを行っています。

2020年型ヤマハYZF-R1をベースにヤマハモーターヨーロッパが製作した「ピロ」レプリカ

 ヤマハモーターヨーロッパが製作した「ピロ」レプリカは、2020年型ヤマハYZF-R1をベースに、ピロバーノが1993年のエストリルで優勝した#5 ヤマハYZF750 SPのホワイトとピンクのカラーをあしらっています。

 レース終了後に「ピロ」レプリカYZF-R1は、オンラインオークションに出品され、その収益金はすべてF・ピロバーノ選手の死後、ピロバーノ家が支援してきたがん研究のためのチャリティ団体「Fondazione Oncologia Niguarda Onlus」に寄付されることになっています。

ヤマハからSBKに参戦した”キング・オブ・モンツァ “ファブリツィオ・ピロバーノ選手

 イタリアのロンバルディア州ビアッソーノ出身のピロバーノ選手は、SBKの黎明期には表彰台を多数獲得し、1988年のヤマハ初参戦ではランキング2位を獲得しています。1990年にはホームレースのモンツァでの2勝を含む5勝を挙げ、ランキング2位となりました。1992年の同サーキットでもダブル優勝を果たし、”キング・オブ・モンツァ “の称号を得ています。

 キング・オブ・モンツァは、2006年に現役を引退しましたが長い間ガンとの闘病生活の末、2016年に逝去しました。

 オークションの詳細は、ヤマハのホームページ、ヤマハレーシングのホームページ、ヤマハのソーシャルメディアで公開される予定です。

ヤマハYZF750SP(1993年型)

 YZF750SPは、1993年にFZR750R(OW-01)の後継車種として誕生し、水冷4ストローク直列4気筒DOHCエンジンは、最高出力77PS(輸出仕様:125PS)を発揮したファクトローレーサーYZF750のDNAを受け継いだモデルです。

【了】

【画像】「ピロ」レプリカ YZF-R1を画像で見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事