BMW「R18 Classic」登場 フロント16インチホイールの採用でクラシカルな雰囲気に

BMW Motorradは、日本国内においては2020年10月~12月の発売を予定している新型クルーザー「R18」の派生モデルR18 Classic」を発表しました。どのような特徴があるのでしょうか。

幅広いカスタムパーツが用意されたR18初の派生モデル

 BMW Motorradは、日本国内においては2020年10月~12月の発売を予定している新型クルーザー「R18(アール・エイティーン)」の派生モデル「R18 Classic(クラシック)」を発表しました。

BMW Motorrad「R18」の派生モデル「R18 Classic」(写真はFirst Edition)

 2020年4月に発売することが発表されたR18は、低回転から力強いトルクを発生する排気量1802ccのビッグボクサー・エンジンを搭載したクルーザーモデルです。

 R18は、BMW Motiorradがラインナップする既存のモデルとは異なり、技術的にも視覚的にもBMW Motorradがかつて製造した「R 5」などの有名な車両を参考にしたもので、純粋かつ飾り気を排したテクノロジー、そして「心地良い鼓動」を打つライディングの歓びの発生源となる新開発のボクサー・エンジンなど、モーターサイクルの本質に焦点を引き戻して開発されました。

 あらたに発表されたR18 Classicでは、フロントタホイールを19インチから16インチに変更した上で、取り外し可能なウインドシールド、サドルバッグ、パッセンジャーシートを追加。ヘッドライトの左右にはLEDの補助ライト、フットペグをフットボードへ変更することで、モデル名のとおりクラシカルな外観に仕上げています。

 なお、R18 Classicの発売時期は2021年を予定しているようですが、価格については未定となっています。

【了】

【画像】BMW Motorrad「R18」「R18 Classic」との画像を見る(17枚)

画像ギャラリー

最新記事