街中でバイクのレース観戦だ! 今年も開催される「City Trial Japan」とは?

2018年より開催されている街中トライアル・レース「City Trial Japan」が2020年11月28日に開催されます。過去にCity Trial Japanを観戦したバイクタレントの岸田彩美さんがレースの楽しみ方ついて語ります。

「速さ」を競わないレアなモータースポーツ

 こんにちは。バイクタレントの岸田彩美です。今年は新型コロナウイルスの影響で、モータースポーツの世界でも開催中止・無観客戦があったりと苦しい状態が続いています。

City Trial Japan開催時の様子

 そんな中、レースを街中で!間近で!楽しめるハッピーなイベント、
“第三回City Trial Japan 2020 in OSAKA”が11月28日(土)に開催することになったという知らせが届きました。

 もうこれが楽しみで仕方なくて! どんなレースか、私の過去の観戦経験も含めてちょっと紹介してみたいと思います。

City Trial Japanってどんなレース?

 街中でやるレースというと、何となく想像はつくかもしれませんが、実は日本で公道を使用するレースは非常に難しいのです。

City Trial Japan開催時の様子。トップライダーのスゴ技を間近で堪能できます

 最近ですと、9月20日に島根県江津市で開催された日本初の街中の公道を走るカートレース 「ねっとの窓口A1市街地グランプリGOTSU2020」が行われていますが……このCity Trial Japanも含めて、許可を貰うためには、いろんな壁があったはずです。

 そのうえ、「トライアル」という競技は、速さを競うレースではありません。岩や急な坂などの自然を舞台に決められたコース(セクション)の中をいかに足を着かずに最後まで走りきるかを競うレースです。

 街中には、岩や急な斜面は当然ありませんから、City Trial Japanの為だけに大きな大木や石などを運び、セッティングすることになります!

 本来、山の中やサーキット場を使うことが多く、「見に行きたい」と思ってもなかなか大変なレース……それを本当に間近でみられるチャンス! こんな背景を知っておくと、より楽しく観戦できると思います。

2018年は通天閣で開催!?

 私も2018年に開催された第一回目を現地で観戦していました。その時は会場が通天閣のお膝元での開催でした。

City Trial Japan開催時の様子。初の開催となった2018年は通天閣のお膝元での開催されました

 通行人が足を止めて、歓声を上げる姿、細かいルールを知らなくても 障害物をバイクで乗り越えていくときの歓声、あんなところもバイクで走るの!? という声がちらほら聞こえてきたことが今でも印象に残っています。そんな風にトライアルを知らなくても絶対に楽しめるのです。

 出場する選手は、国内最高峰のクラス「国際スーパークラス」の12人の選手。実はこのライセンスは、日本国内で20人程しか取得していない、まさにトップライダーたちの戦いといえます。そんな選手たちの戦いに挑む真剣な表情を間近で見る事が出来るのも魅力の一つです。
 
 手が届きそうなところに選手がいる。これもトライアルならではだと思います。ホームページに、選手のプロフィールやSNS情報も載っているので“推しライダー”がいるとより楽しめるかもしれません!!

レースの企画を担当する藤原慎也選手(左下)

 ちなみに、そんな面白いレースの企画ですが、実は現役のライダーの藤原慎也選手が行っています。発案・運営・参戦を兼ねているため、ライダーならではの目線でのコースデザイン! 迫力あるレースが観られること間違いなしですね。今年はどんなコースセッティングになっているのか、ワクワクします♪

2020年の舞台&見どころは?

 普段見る機会の少ないレースを、街中で体験できる――それがこのCity Trial Japanのいいところでしょう。そして、第3回目の開催となる今回の舞台は「万博記念公園」です。

第3回目の開催となる2020年の舞台は「万博記念公園」のお祭り広場です

 万博公園といえば、大阪モノレール万博公園駅の目と鼻の先。電車からのアクセスが良いので、遊びに行く感覚で見られるのも良いところですね。

 ここにコースを作って、レースを開催するのですが……どうやら今年も【巨大なコース】が出来るみたい!私もとても楽しみにしています。是非体感していただければと思います!

 ちなみに、入場は万博記念公園の入場料のみ。観戦は無料! そして、今年は大人も子供も楽しめる体験エリアの設置もあるそうで、見るだけでなく【実際に乗れる場所】も設けられる予定だとか。

 しかも、同じ日に、様々なイベントも開催されるそうです。1970年大阪万博50周年記念 プログラム in紅葉まつり(事前予約制)、森のクラフトや足湯などなど……いろんなイベントに参加しながらの、レース観戦もいいと思います! ご家族連れでも安心して楽しめそうですね。

 間近でトライアルが見られる滅多にないチャンス、ぜひ現地で味わってみてください。私ももちろん現地で一日堪能します。レース開催後はレポートも掲載できればと♪ そちらもどうぞお楽しみに。

【詳細】City Trial Japan2020 in Osaka
開催日:2020年11月28日(土) ※雨天決行・荒天中止
会場:万博記念公園 お祭り広場
時間:予選/10:30>13:00 決勝/14:00>15:30(開場/9:30 閉場/17:00)
料金:無料(※一部有料シート有 詳細は以下HPにて)
主催:City Trial Japan実行委員会
公認/特別競技会/支援:(一財)日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)
後援:大阪府

【了】

【画像】街中で行われるレース「City Trial Japan」の画像を見る(11枚)

画像ギャラリー

Writer: 岸田彩美

食べる事とインコが大好き。愛称:あやみん。2011年駒澤大学準ミスグランプリを取得後、ツインリンクもてぎのイメージガール、ツインリンクもてぎエンジェルを務めた。任期中に様々なバイクの楽しみ方に出会いその魅力に心を奪われた。トライアルデモンストレーション、MotoGP 日本グランプリでステージMCなどバイクのイベント出演や司会も務める。

最新記事