中央自動車道「八ヶ岳PA」で食す意外な組み合わせの絶品「PA飯」!! バイクで行く高速道路グルメ

高速道路のPA(パーキングエリア)では、その土地ならではのグルメを見つけることができます。中央自動車道「八ヶ岳PA」の、そばともつ煮がセットになったPA飯をご紹介しましょう。

そばともつ煮? 意外な組み合わせが絶品の「PA飯」

 全国の高速道路をバイクで走っていると、必ず立ち寄るのがSA(サービスエリア)やPA(パーキングエリア)です。なかでもPAの食堂(スナックコーナー)には、ボリュームたくさんのメニューや、その土地ならではの食材を使ったメニューが多く、利用者を楽しませてくれます。

メニューを見ただけでは意外な組み合わせだと感じたところ、実際に目の前にすると、あっさりとコッテリが良いバランスのお膳に

 今回立ち寄ったPAは、ツーリングライダーも多く利用する、中央自動車道下りの「八ヶ岳PA」(山梨県北杜市)です。南アルプス、甲斐駒ケ岳を望む展望も素晴らしく、気分転換にはうってつけのPAです。

 さっそくスナックコーナー(営業時間7:00から22:00)へ向かうと、目に入るのは、やはりそばです。日本名水百選の「三分一湧水(さんぶんいちゆうすい)」を使用した石挽き手打ちそばが自慢とのことで、迷うことなくそばを選ぶところ。

 しかし、券売機のメニューを見ると「もつ煮かけそば定食(950円)」が気になってしまいました。「かけそばにもつ煮?」あっさりとしたお蕎麦にコッテリ系のもつ煮とは……。一瞬「ん?」とたじろぎましたが、よく見たら美味しそうな組み合わせです。あとで調べて見ると、山梨県甲府を発祥として、そばともつ煮を定食として提供する店があるようです。

山小屋風の外観の建物が「八ヶ岳PA」の特徴に。2輪車専用駐車スペースも確保されている

 結論からすると、まさに絶品の「PA飯」でした。かけそば自体は正直言って普通のお味でしたが、そこにもつ煮とご飯のセットです。もつ煮をご飯にかけてガッツリ食べたところに、そばとの相性バツグンな小鉢の野沢菜、それがもつ煮のコッテリした味わいをさっぱりとリセットしてくれるのです。

 後になって、試してみれば良かったと思ったのが「もつ煮 on the 蕎麦」です。蕎麦にもつ煮を乗せて食べれば、田舎風煮込みのようになって、また違った味を楽しめたのでは……と。次回ツーリングで訪れた際は、ぜひ試してみたいと思います。

【了】

【画像】中央自動車道「八ヶ岳PA(下り)」の絶品「PA飯」を見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事