ホンダの新型CB1300シリーズに意外な変更箇所を発見!

ホンダは、CBシリーズのフラッグシップモデル「CB1300 SUPER FOUR」、「CB1300 SUPER BOL D’OR」、「CB1300 SUPER FOUR SP」、「CB1300 SUPER BOL D’OR SP」をモデルチェンジし発売します。

4into1エキゾーストパイプのマフラー新採用

 ホンダは、CBシリーズのフラッグシップモデル「CB1300 SUPER FOUR」、「CB1300 SUPER BOL D’OR」、「CB1300 SUPER FOUR SP」、「CB1300 SUPER BOL D’OR SP」に、「大排気量モデルを操る楽しみの最大化」を開発キーワードとしたモデルチェンジを行い2021年3月18日に発売します。

「CB1300 SUPER FOUR SP/CB1300 SUPER BOL D’OR SP」

 エンジンは、PGM-FI採用水冷4バルブDOHCインラインフォアで新採用したスロットルバイワイヤシステムにより高精度な制御を行い、ライダーの感性に響くスムーズかつダイレクトで力強い走りを実現しています。

 スロットルグリップ操作に対してより緻密なスロットルバルブの制御を可能とする「スロットルバイワイヤシステム(TBW)」を採用し、走行状況やライダーの好みに合わせてSPORT、STANDARD、RAINの走行フィーリングを任意に選択できる「ライディングモード」や、「Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」を採用することで、ライダーの「操る楽しみの最大化」を実現。また、高速道路など長距離走行時に一定速度を設定することで、アクセル操作を行わず巡航を可能とする「クルーズコントロール」を採用しています。

4into1エキゾーストパイプと2室構造のマフラーを新採用

 吸気系には外側の2気筒と内側の2気筒で長さの異なる36mmのエアファンネルを採用。そして、排気系には4-2-1から4本のパイプがエンジン下部で集合する美しい仕上がりの4into1エキゾーストパイプと2室構造のマフラーが新採用されました。新設計の排気系を採用することで、低回転域ではより重厚に、高回転域では直4らしい官能的な排気音を生み出します。これら制御系・吸排気系の変更により、車体の重量を感じさせない低・中回転域でのリニアなトルク特性と高回転域での出力向上、直4らしい伸びのある走りを追求、最新の排出ガス規制にも適合しています。

左右にクロスする10本スポークデザインを新採用

 高級感とスポーティーな印象をもたらすゴールドホイールは、剛性バランスを追求した左右にクロスする10本スポークデザインを新採用し、バネ下重量の低減にも寄与しています。

 新採用のホイールに装備されたフロントブレーキは、ピストンサイズを最適化した対向4ポッドキャリパーを継続採用。軽量・大径の310mmフローティングタイプのダブルディスクと組み合わせ、コントローラブルな特性としています。リアブレーキは、256mmの小径シングルディスクに、キャリパーも軽量・コンパクトなシングルピストンとし、制動性能の前後バランスを確保し、的確な制動が行われます。

CB1300シリーズ

 価格は、「CB1300 SUPER FOUR」156万2000円(消費税込)、「CB1300 SUPER BOL D’OR」167万2000円(消費税込)、「CB1300 SUPER FOUR SP」193万6000円(消費税込)、「CB1300 SUPER BOL D’OR SP」204万6000円(消費税込)。なお、CB1300シリーズの年間国内販売計画台数は1600台です。

【了】

【画像】CB1300シリーズの画像を見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事