第二神明道路「垂水PA」で味わう名物「淡路島カレー」 バイクで行く高速道路グルメ

第二神明道路「垂水PA(下りのみ)」の施設内に立つ『たるみ食堂』では、淡路島産の玉ねぎを利用した名物「淡路島カレー」を味わうことができます。

高速道路でその土地の特産品を味わえるのは「PA飯」ならでは!

 ツーリングの途中、第二神明道路「垂水PA(下りのみ)」(兵庫県神戸市垂水区下畑町鎌谷552-2)に立ち寄ってみると『たるみ食堂』なるお店を発見。ガッツリPA飯を食べたい気分で中を覗くと、揚げた玉ねぎが食欲をそそるカレーを発見しました。

特産の玉ねぎの酢漬けも添えられた、揚げた玉ねぎを載せた名物「淡路島カレー」にカツまで載せた「淡路島カツカレー」をオーダー。カレーのルーは後から辛さが効いてくる大人の味

 淡路島にほど近いためか、こちらの名物は「淡路島カレー」とのこと。じつは後から知ったのですが、淡路島で育てられた甘みの強い玉ねぎを使い、甘さと辛さを楽しめるよう開発されたカレーなのだとか。

 今回はカツが乗っている「淡路島カツカレー」をオーダーしました。玉ねぎがふんだんに使われているためか、最初は甘さを感じますが、後からピリピリと辛さがやってくる大人のカレーという感じでした。カツはサクサクしていてサイズは大きめ。大満足です。

 フルーティな香り、甘さから辛さへと変化するカレーのルーが特徴ですが、見た目では揚げた玉ねぎがポイントです。さらに玉ねぎの酢漬け、いわゆるピクルスまで添えられています。らっきょう感覚で載せるトッピングなのでしょうか? いずれにしても玉ねぎ好きにはたまらないカレーです。

 オーダーする際に、どちらにしようか非常に迷ったのが「そばめし」です。神戸名物のそばめしは、関東からやってきた身としてはまさに“未知との遭遇”です。その存在は知っていますが、見たことも食べたこともなかったのです。今度訪れた際は、是非食したいと思います。

狭いながらもしっかり二輪専用の駐車スペースが確保されている

 ほかにも「ジャンボチキンカツ定食」や「ソースかつ丼」など、食べ応えたっぷりのPA飯が揃い、また麺類は150円追加で麺の量を2倍に、お味噌汁は110円追加でミニうどんに変更可能、さらにご飯の大盛りは無料なので、空腹ライダーにはとくにオススメです。

【了】

【画像】第二神明道路「垂水PA」の名物PA飯を見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事