2ストエンジン搭載のLangen Motorcycles「Two Stroke」デリバリーに向けロードテストとエンジンの微調整を継続

イギリスのバイクブランド「Langen Motorcycle」は、2ストローク250ccエンジンを搭載した新型車「Two Stroke」のデリバリーに向けエンジンの微調整を継続して行っています。現在はどのような状態なのでしょうか。

日本円で400万オーバーの高品質ロードスポーツ

 イギリスのバイクブランド「Langen Motorcycle」は、2ストローク250ccエンジンを搭載した新型車「Two Stroke」のデリバリーに向けエンジンの微調整やロードテストを継続して行っています。

2ストエンジン搭載のLangen Motorcycles「Two Stroke」

 Langen Motorcyclesは、イギリスの「CCMモーターサイクルズ」のチーフデザインエンジニアとして10年間、画期的な軽量アドベンチャーバイク「GP450」や「CCMスピットファイアシリーズ」などのモデルを生み出してきたChristofer Ratcliffe氏(通称Langen氏)が2019年に立ち上げたバイクブランドです。

 2020年7月に公開された「Two Stroke」は、75bhpを発揮するイタリア「Vins Motors」社製2ストローク250cc・Vツインエンジンを搭載したモデルで、トレリスフレームやカーボン製のパーツを採用することで車重112kgと軽量な仕上がりを実現。

 デザイン面においては往年のカフェレーサー・スタイルからインスパイアを受けた、極めてシンプルな構成とされています。

Vins Motors でテスト中のLangen Motorcycles「Two Stroke」

 Langen MotorcyclesのChristofer Ratcliffe氏によると、現在はロードテストとVins Motorsで行われているエンジンの微調整が完了しつつあるといいますが、今回の発表に際しChristofer Ratcliffe氏とVins Motors社のCEOであり創設者であるVincenzo Mattia氏は次のようにコメントしています。

■Langen Motorcycles Christofer Ratcliffe氏
「ロードテストとエンジンの微調整のためにバイクを準備することは重要なマイルストーンです。現在の位置にたどり着くまでには多くの作業が必要で、新型コロナウイルスによるロックダウンも影響しました。

 Vinsからエンジンとシャシーがうまく機能しているとの連絡を受けたことは、私たち全員にとって素晴らしいニュースです」。

■Vins Motors

Vins Motorsの2ストモデル「Duecinquanta Strada」

 Langen製のバイクのテストセッションでは、我々が所有するVinsのバイクとは全く異なるものを微調整する機会を得ました。ホイールサイズと最終レシオが異なるため、Vinsのスタッフはパワーデリバリーに特に注意を払ってECUマッピングセッションに臨むことを余儀なくされました。これは、加速性と操作性を最適化するための大きな取り組みの一環でした。
 
 最も興味深かったのは、数回のダイノセッションに続いて行われたロードテストの結果です。パワーデリバリーは毎回予定通りで、ロードホールディングとハンドリングも同様に、Langenの非常に優れたシャシーとサスペンションの設計のおかげで素晴らしいものとなりました。
 
 また、Langenは非常に軽いモーターサイクルでもあるので、LangenとVinsのマッチングは本物であり、乗り心地と軽さが共通の特徴として、楽しさとスリルをもたらしています。個人的にこのバイクのロードテストやダイノテストを全て行ってきましたが、楽しさの要素だけでなく、Langenのクオリティの高さも確認できました」。

※ ※ ※

 今や希少な存在である2ストロークエンジン搭載のロードスポーツモデルがどのような走りを見せてくれるのか期待が高まります。

【了】

【画像】2ストエンジン搭載のLangen Motorcycles「Two Stroke」の画像を見る(12枚)

画像ギャラリー

最新記事