「カワサキワールド」モーターサイクル企画展 “THE CHAMP” ~頂点に輝いたマシンたち~ 幻の2020年鈴鹿8耐用マシンなどを展示

会期終了まで残りわずかとなりましたが、川崎重工の企業ミュージアム「カワサキワールド」ではモーターサイクル企画展 "THE CHAMP”~頂点に輝いたマシンたち~が現在開催されています。どのような車両が展示されているのでしょうか。

数々のチャンピオンバイクが集結!

 川崎重工の企業ミュージアム「カワサキワールド」ではモーターサイクル企画展 “THE CHAMP”~頂点に輝いたマシンたち~が2021年2月28日まで開催されています。

カワサキワールド モーターサイクル企画展 “THE CHAMP”~頂点に輝いたマシンたち~に展示中の1974 Bold’Or チャンピオン EGLI Kawasaki 1000(Z1)

 例年では2週間の企画展を今年は3週間に延長し、入館者のみが手に入れられる特設WEBサイトが案内されたカードや、遊び心をくすぐるバイクの塗り絵、マスクケースがプレゼントとして用意され、展示マシンの前には来場者に対し距離を取ることを促すお知らせが表示してあり、随所にアフターコロナを意識した取り組みが見られる企画展となっています。

 通常はモーターサイクル部門の拠点である明石工場で手塩にかけて保管、ピカピカに手入れされている至宝のチャンピオンマシンたち。特別な機会にまれに見られるチャンスはあるものの、工場を飛び出しての展示は極めて貴重です。

2020年 鈴鹿8時間耐久ロードレースモデル Ninja ZX-10RR(新型コロナウィルスの影響のため中止)

なお、開催されている企画展で展示されているマシンは以下のとおりです。

・1974年 Bold’Or チャンピオン EGLI Kawasaki 1000(Z1)
・1981年 FIM 世界耐久選手権チャンピオン KR1000
・1982年 FIM 世界耐久選手権チャンピオン KR1000
・1983年 FIM 世界耐久選手権チャンピオン KR1000
・1994 FIM 世界耐久選手権チャンピオン ZXR750R
・2000年 全日本ロードレース選手権 スーパーバイクチャンピオン Ninja ZX-7RR
・2013年 スーパーバイク世界選手権チャンピオン Ninja ZX-10R
・2020年 スーパーバイク世界選手権 6連覇 Ninja ZX-10RR
・2020年 鈴鹿8時間耐久ロードレースモデル Ninja ZX-10RR(新型コロナウィルスの影響のため中止)
・2021年NEW MODEL Ninja ZX-10RR

 同企画展ではマシンとともに展示を彩る数々のヒストリカルな写真たちにもご注目を。2019年鈴鹿8時間耐久ロードレース優勝の立役者であり、スーパーバイク世界選手権で前人未到の6連覇を成し遂げたスーパーヒーロー、ジョナサン・レイ選手の軌跡を記した映像も合わせて上映されています。

【了】

【画像】チャンピオンに輝いたカワサキのマシンたちを画像で見る(13枚)

画像ギャラリー

最新記事