足けりバイク・キックスケーター・自転車 1台3役の幼児用自転車「キックル」登場

ピープル株式会社は、足けりバイク・キックスケーター・自転車の3つの乗り方ができる3歳からの幼児用自転車「Kiccle(キックル)」を発売します。どのような特徴があるのでしょうか。

長く楽しめる幼児用自転車

 ピープル株式会社は、足けりバイク・キックスケーター・自転車の3つの乗り方ができる3歳からの幼児用自転車「Kiccle(キックル)」を、2021年4月上旬に発売します。

3つの乗り方ができる3歳からの幼児用自転車「Kiccle(キックル)」

 ピープル株式会社が展開する「Peopleじてんしゃ」は、20年前から「大人用の縮小版」として安易に考えられていた子供自転車をゼロから考え直した同社のオリジナル自転車ブランドです。

 足けりバイク・キックスケーター・自転車の3つのモードで乗ることが可能なキックルは、足元にデッキ(足場)を搭載し、またペダルをつけて自転車にもチェンジするため、自分だけのテクニックで遊びの幅が広がるユニークな仕様の自転車に仕上げられています。

 キックルでは、低めの位置に設置されたデッキや足けりのしやすさにこだわったフレーム設計、5分で取り付け可能なペダルユニットなど独自の構成を採用。

3つの乗り方ができる3歳からの幼児用自転車「Kiccle(キックル)」

 ハンドルとサドル間が離れて伸びる「マルチアジャスト機構」を備えることで、3歳から7歳まで長く楽しむことが出来ます。

 そのほか、前後輪ブレーキに、スタンド、大人がとっさに掴むことができる「ママキャッチハンドル」も採用することで安全面にも配慮されたキックルは適応身長・約90〜120cm、価格はオープン価格となっています。

【了】

【画像】3歳からの幼児用自転車「Kiccle(キックル)」の画像を見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事