重要なのは「気持ちイー」こと! SP忠男の目指すモノづくりとは

高性能なバイク用オリジナルマフラーで有名な、スペシャルパーツ忠男。その実質的な責任者である大泉 善稔さんに、SP忠男で働き始めた経緯やモノづくりについて、話を聞いてきました。

モトクロスチャンピオンに憧れて入社したSP忠男で、気付けば40年

 高性能なバイク用オリジナルマフラーで有名な、スペシャルパーツ忠男。その代表である、元ヤマハワークスのモトクロスチャンピオン、そしてSP忠男レーシングチームの代表として、全日本ロードレースチャンピオンやWGP(ロードレース世界選手権)ライダーなど、多くのトップライダーを排出してきた鈴木 忠男さんの意志を受け継ぎ、実質的なSP忠男の責任者ともいえる 大泉 善稔さんに、SP忠男で働き始めた経緯やモノづくりについて、話を聞いてきました。

実質的なSP忠男の責任者ともいえる大泉 善稔さん

―――まず、大泉さんがSP忠男で働こうと思ったきっかけを教えてください。

 僕、モトクロスが好きで、忠さんはモトクロスのチャンピオンなので、入ったらチャンピオンになれると思ったんですよ(笑)。

 でも、入ってみたらお店は土日も仕事で・・・。レースの日は仕事だっていうことを知らなくて(笑)。

 当時、練習は行ってたんだよ?練習は。金曜日だとかに練習へ連れて行ってもらえたんだけど、レースにはいつ出れるのかなって思ってたら、土日は仕事だからレースに出れなかったんだよね。

 まあ、もともとモトクロスの素質もなかったので・・・。いまでも、モトクロスは好きだけど、最初はモトクロスがやりたくて入ったかな。

 でも、忠さん(鈴木代表)はバイクに乗らせたら天才だから少し話は違ってきちゃうけど、僕らは普通の人間なので、乗り辛いものは乗り辛いし、何かイジると速くなるとかをかなり経験しているので、そこの面白みをずっと探求していたら、それが楽しくなっちゃって(笑)。気付いたら40年経っちゃった感じかな。

―――SP忠男の製品ラインナップは、どのように決めているんですか?

 商品の企画は思い付き(笑)

 市場でこれが売れているからこの製品を作ろうというパターンよりも、この商品が作りたいという気持ちとか、ユーザーからの要望で新しい商品を企画することがほとんど。

 市場の動向をまったく掴んでないといえば、阿保みたいになっちゃうけど、でも市場で人気があるとかがメインではないね。このバイクは面白そうだから、うちでマフラーを作ってみようみたいな。

 例えば、忠さんがMVアグスタを買ってきたけど、商売を考えたらそこには手を出さない。ほかにも、KTMだとかトライアンフだとか、商売だけを考えていたらやらなかったけど、そのバイクが面白いと思ったら、製品を企画することが多いかな。

商売にならなくてもそのバイクが面白いと思ったら製品を企画する

―――では、ユーザーからの商品企画のリクエストも受け付けているということですか?

 基本的に僕らのいまのコンセプトは、マフラーなどのアイテムを変えた時の爽快感だとか、心地よさなんかを売りにしているので、それを求めるライダーはリクエストをくれることもあります。

 創業40年になるんですが、その基本的なコンセプトはずっと変わっていないので、過去に作った僕らのマフラーを付けていて、「あの感覚が忘れられないから、いま乗ってるバイクにも付けたいんだけど」っていう人が結構多いですね。

 そういった人からのリクエストで、新たに製品を企画するってことはあります。

―――ユーザーからのリクエストで新たに製品を企画すると、かなりの値段になってしまうのでは?

 ユーザーからのリクエストで、ワンオフで作るわけではないですよ。ユーザーのリクエストから量産する製品を企画するから、それなりの本数は作ることになるので、そこまで高額になることはないかな。

 それが古い車両など、かなり特殊なバイクだったりすると、なかには友達を集めて「何十本単位で作って欲しいんだけど」っていってくる人もいて、そういう時は作ることもあるけど、そういった依頼で作るとしても、結局は量産で作ることになりますね。

 量産しないと、まともに開発をするのに2か月から3か月ぐらい、大の大人が何人かで作るので、開発費用がそれなりにかかってしまうので・・・。

【画像】SP忠男の目指すモノづくり(7枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事