ホンダが上海モーターショーで中国初となるホンダ・ブランドの電気自動車とPHEVを世界初公開 中国市場に導入予定の二輪モデルも展示

ホンダは、中国・上海で開催予定の2021年上海モーターショーにおいて、中国初となるホンダ・ブランドの電気自動車(EV)のプロトタイプモデルと、プラグインハイブリッド搭載モデルを世界初公開します。

ホンダが中国市場で新たな展開

 ホンダは、中国・上海で開催予定の2021年上海モーターショー(第19回上海国際自動車工業展覧会、プレスデー:4月19日~20日 トレードデー:4月21日~23日 一般公開日:4月24日~28日)において、中国初となるホンダ・ブランドの電気自動車(EV)のプロトタイプモデルと、プラグインハイブリッド搭載モデルを世界初公開するほか、中国市場に導入予定の二輪モデルを展示します。

ホンダが上海モーターショーで展示する「GL1800」(日本車名:Gold Wing)

 ホンダ四輪ブースでは、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、EVで構成される電動車の総合ラインアップを披露します。また、先日中国で発表した「第3世代Honda CONNECT」や次世代の安全運転支援システム「全方位ADAS※」の技術訴求ブースでは、毎日の移動における安全・快適に貢献する新たな技術を体験できます。

 ホンダ二輪ブースでは、2021年3月よりスタートした中型二輪販売チャンネル「Honda Wing」のラインアップを拡充する新モデルおよび、大型二輪販売チャンネル「Honda DreamWing」に投入する新モデルの発表を含む、“FUN”に溢れる商品ラインアップを出展します。

●展示車両

■四輪ブース
・広汽Honda
ハイブリッド車:ACCORD、CRIDER、BREEZE、ODYSSEY
電気自動車:VE-1+、VE-1 S+
・東風Honda
ハイブリッド車:INSPIRE、ENVIX、CR-V、ELYSION
プラグインハイブリッド車:CR-V
電気自動車:M-NV

■Acuraブース
CDX(A-Specなど)、RDX

■二輪ブース
GL1800(日本名:Gold Wing)、CRF1100L(日本名:CRF1000L Africa Twin)、CB650R、CM500(日本名:レブル500)、NSS350(日本名:フォルツァ)、CB300R(日本仕様は250ccのCB250R)、CM300(日本仕様は250ccのレブル250)など

【了】

【画像】ホンダが上海モーターショーで出典予定のモデルを見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事