新東名・新御殿場IC~御殿場JCT間が本日16時に開通 新東名と中央道が東富士五湖道路を介して接続

NEXCO中日本と国土交通省中部地方整備局沼津河川国道事務所、静岡県が進めてきた、国道138号「須走道路」の須走口南IC~水土野IC間と、それに続く「御殿場バイパス」の水土野IC~ぐみ沢IC間(西区間)の計5.2km、および新東名高速道路・新御殿場IC~御殿場JCT間(延長7.1km)が4月10日(土)16時に開通します。この区間の開通によ東名、新東名、中央道が東富士五湖道路を介して繋がります。

便利な新路線が開通

 NEXCO中日本と国土交通省中部地方整備局沼津河川国道事務所、静岡県が進めてきた、新東名高速道路・新御殿場IC~御殿場JCT間(延長7.1km)、および国道138号「須走道路」の須走口南IC~水土野IC間と、それに続く「御殿場バイパス」(西区間)水土野IC~ぐみ沢IC間の計5.2kmが4月10日(土)16時に開通します。

4月10日16時に開通する新東名高速道路・新御殿場IC~御殿場JCT間(延長7.1km)、および国道138号「須走道路」の須走口南IC~水土野IC間と、それに続く「御殿場バイパス」(西区間)水土野IC~ぐみ沢IC間の計5.2km(出典:NEXCO中日本)

 新東名は、海老名南JCT~豊田東JCT間、約254kmを結ぶ高速道路です。今回開通したのは新御殿場ICから御殿場JCTまでの区間で、同時に、国土交通省・静岡県で事業を行ってきた国道138号バイパス、国道469号バイパス、県道仁杉柴怒田線が開通しますることで東名、新東名、中央道が東富士五湖道路を介して繋がることになります。
 
 全国高速道路建設協議会によると、この区間の開通により観光、物流等を支える道路ネットワークは更なる広がりが期待できるほか、観光の繁忙期に日常の生活交通との輻輳で著しい渋滞が発生している御殿場~須走周辺の渋滞が緩和も見込めるといいます。

 なお、新御殿場IC→東名(上り)東京方面/東名(下り)→新東名 新御殿場IC方面/東名(上り)→新東名(下り)名古屋方面/新東名(上り)→東名(下り)名古屋方面の4ルートは御殿場JCTで利用できないため注意が必要です。

【了】

【画像】新東名高速道路・新御殿場IC~御殿場JCT間工事中の画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事