ネオレトロスクーター「プジョー ジャンゴ」 2021年後期モデル発売 原付二種と再販の軽二輪それぞれのモデルに新色を設定

フランスのバイクブランド「プジョーモトシクル」製品を扱うaidea株式会社は、クラシカルなスタイルで人気を博 しているネオレトロスクーター「プジョー ジャンゴ」2021年後期モデルを発売します。最新のモデルでは150ccモデルが待望の復活を遂げています。

軽二輪モデルが待望の復活

 フランスのバイクブランド「プジョーモトシクル」製品を扱うaidea株式会社は、クラシカルなスタイルで人気を博しているネオレトロスクーター「DJANGO(ジャンゴ)」シリーズの 2021 年後期モデルを2021年7月1日に発売しました。

プジョーモトシクルのネオレトロスクーター「ジャンゴ125スポーツABS」

 1953年に発売し男女を問わず、手ごろな交通手段としてヨーロッパ市場で大いに人気を博したプジョー初のスクーターが「S55」をモチーフにしたジャンゴ・シリーズは、豊かで流麗なボディラインによるクラシカルなスタイルながらも現代的な装備を採用したスクーターモデルです。

 最新型となる2021年後期モデルでは原付二種の「ジャンゴ125 ABS」とショートスクリーンを標準装備した「ジャンゴ125 ABS DX」にシンプルでシックなモノトーンカラー「ポーラーホワイト」を設定。

 1950年代のプジョー製レーシングカーを発祥とするセンターストライプと、ボディサイドに施されたレーシングゼッケンを備えた「ジャンゴ125スポーツABS」には「レーシンググリーン」が採用されました。

プジョーモトシクルのネオレトロスクーター「ジャンゴ 150 ABS DX」(インクブラック)

 また、ユーザーからの声に応える形で再販される排気量151ccエンジン搭載モデルでは、ジャンゴシリーズで最も人気のカラー「ドラゴンレッド」と新色の「インクブラック」を設定。

 原付二種モデルと同じくショートスクリーンを標準装備した「DX」も用意されています。

 レトロな外観とスクーターモデルならではの使い勝手を兼ね備えたジャンゴシリーズの価格(消費税10%込)は39万9300円からとなっています。

【了】

【画像】プジョーモトシクルのネオレトロスクーター「ジャンゴ」シリーズを見る(15枚)

画像ギャラリー

最新記事