2スト150ccから4スト500ccまで KTMジャパンが2022年型のエンデューロモデル12機種を発表

KTM Japan株式会社は、2022年型のエンデューロモデル12機種を発表しました。2021年8月より順次発売予定です。気になる価格と主要諸元をまとめました。

WP製サスペンションの設定見直しと、新タイヤの採用

 KTM Japan株式会社は、日本で発売予定の2022年型エンデューロモデル12機種を発表しました。2021年8月より順次発売されます。

KTM「500 EXC-F」(2022年型)4ストロークモデル

 2022年型では新たなグラフィックを纏い、すべてのエンデューロモデルに採用されているWP製サスペンションの設定見直しと、MAXXIS製の新たな「MaxxEnduro」タイヤの採用(SIX DAYS、ERZBERGRODEOを除く)がトピックスとなっています。

 これにより、険しい地形を乗り越える際により安定したフィーリングを提供し、耐久性と耐穿刺性が向上したタイヤは様々なコンディションで長時間快適に使用可能としています。

 発売されるエンデューロモデル12機種のうち、水冷2ストロークエンジンと専用の電子燃料供給システム「TPI(トランスファー・ポート・インジェクション)」を登載するモデルが6機種含まれています。

 また、より競技向けとしてKTMが提供する「PowerParts(パワーパーツ)」各種を標準装備し、専用グラフィックとなる「SIX DAYS(シックスデイズ)」と「ERZBERGRODEO(エルズベルグロデオ)」バージョンもラインナップされます。

KTM「250 EXC TPI SIX DAYS」(2022年型)2ストロークモデル

 気になる価格(消費税10%込み)と主要諸元は、それぞれ次の通りです。

■2ストロークモデル

「150 EXC TPI」
価格:113万円(2021年8月発売予定)
エンジン形式:水冷2ストローク単気筒
総排気量:143.99cc
始動方式:セル/キック
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):140/80-18
車両重量(半乾燥):96.8kg

「250 EXC TPI」
価格:125万円(2021年9月発売予定)
エンジン形式:水冷2ストローク単気筒
総排気量:249cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):140/80-18
車両重量(半乾燥):103.4kg

「250 EXC TPI SIX DAYS」
価格:万円(2021年9月発売予定)
エンジン形式:水冷2ストローク単気筒
総排気量:249cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):140/80-18
車両重量(半乾燥):103.9kg

「300 EXC TPI」
価格:129万円(2021年9月発売予定)
エンジン形式:水冷2ストローク単気筒
総排気量:293.2cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):140/80-18
車両重量(半乾燥):103.4kg

「300 EXC TPI SIX DAYS」
価格:142万円(2021年9月発売予定)
エンジン形式:水冷2ストローク単気筒
総排気量:293.2cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):140/80-18
車両重量(半乾燥):103.9kg

「300 EXC TPI ERZBERGRODEO」
価格:150万円(2021年9月発売予定)
エンジン形式:水冷2ストローク単気筒
総排気量:293.2cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):140/80-18
車両重量(半乾燥):103.9kg

■4ストロークモデル

「250 EXC-F」
価格:132万円(2021年9月発売予定)
エンジン形式:水冷4ストロークDOHC単気筒
総排気量:249.91cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):140/80-18
車両重量(半乾燥):103kg

「250 EXC-F SIX DAYS」
価格:145万円(2021年9月発売予定)
エンジン形式:水冷4ストロークDOHC単気筒
総排気量:249.91cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):140/80-18
車両重量(半乾燥):103.5kg

「350 EXC-F」
価格:139万円(2021年9月発売予定)
エンジン形式:水冷4ストロークDOHC単気筒
総排気量:349.7cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):140/80-18
車両重量(半乾燥):103.8kg
※公道走行用ホモロゲーション取得予定

「350 EXC-F SIX DAYS」
価格:158万円(2021年10月発売予定)
エンジン形式:水冷4ストロークDOHC単気筒
総排気量:349.7cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):140/80-18
車両重量(半乾燥):104.3kg
※公道走行用ホモロゲーション取得予定

「500 EXC-F」
価格:159万円(2021年9月発売予定)
エンジン形式:水冷4ストロークDOHC単気筒
総排気量:510.9cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):140/80-18
車両重量(半乾燥):105.6kg
※公道走行用ホモロゲーション取得予定

「500 EXC-F SIX DAYS」
価格:175万円(2021年9月発売予定)
エンジン形式:水冷4ストロークDOHC単気筒
総排気量:510.9cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):140/80-18
車両重量(半乾燥):106kg
※公道走行用ホモロゲーション取得予定

※保証期間は1カ月です。
※主要諸元の値はEU仕様のものです。日本仕様では値が異なる場合があります。
※公道走行用ホモロゲーション取得予定のモデルについては、確定次第正規ディーラーへ情報を提供する予定です。

【了】

【画像】2022年型のKTMエンデューロモデルを見る(14枚)

画像ギャラリー

最新記事