スズキ「GSX-S1000」新型モデル日本導入 3色展開で8月4日に発売

スズキは大型ネイキッドモデル「GSX-S1000」を日本市場に導入します。改めてその進化を振り返ってみましょう。

スーパースポーツを彷彿とさせるウイングレット

 スズキは大型ネイキッドモデル「GSX-S1000」の新型車を2021年8月4日に発売します。

スズキ「GSX-S1000」新型モデル(グラスマットメカニカルグレー)

 2015年に初代モデルが登場したスズキ「GSX-S1000」は、スーパースポーツモデル「GSX-R1000」直系のエンジンをストリート用にチューニングした、排気量998ccの水冷並列4気筒DOHC4バルブエンジンを搭載するネイキッドバイクです。

 扱いやすさとスポーツ性能の高さを継承しつつ、アグレッシブかつ前衛的なデザインを採用した新型GSX-S1000ではストリートでの使用を考慮し、ワンプッシュで始動可能な「スズキイージースタートシステム」、発進時や渋滞、Uターンなど低回転走行時にエンジンの回転の落ち込みを緩和する「ローRPMアシスト」機能、シフトダウン時など過度のエンジンブレーキによる後輪のロックやホッピングを抑制するスリッパークラッチなどを採用。

 エンジンの出力向上(最高出力150PS/11000rpm・最大トルク10.7kgf・m/9250rpm)を図るとともに、電子制御システム S.I.R.S. (スズキ・インテリジェント・ライド・システム)を新たに搭載することで、扱いやすさとスポーティーなライディングを両立しています。

 トリトンブルーメタリック/グラスマットメカニカルグレー/グラススパークルブラックの3色が用意されたGSX-S1000の価格(消費税10%込)は143万円となっています。

【了】

【画像】スズキが公開した新型「GSX-S1000」のティザー動画を画像で見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事