新型コロナウイルスの感染拡大が原因でMotoGP「タイGP」の開催中止を発表

2021年のMotoGPシーズン開催日程は、新型コロナウイルスの影響で日本、オーストラリアに続きタイGPの開催を中止するとFIMが発表しました。

タイGPの代替開催を検討

 国際モーターサイクルリズム連盟(FIM)は、『MotoGP世界選手権』の2021年シーズン開催日程に関して、国際ロードレーシングチーム連盟(IRTA)、ドルナスポーツと共に、10月15日から17日にチャーン・インターナショナル・サーキットで開催を計画していた『タイGP』を新型コロナウイルスの感染拡大により、昨年に続きイベントの中止を発表しました。2022年の開催は予定しています。

 また、タイGPに変わる代替開催を検討し、イベントに関する更新は、準備が出来次第発表されます。

2019年タイGPではRepsol Honda Teamのマルク・マルケス選手が4年連続地震6度目の最高峰クラスのチャンピオンを決めた

 FIMは6月23日に『日本GP』の開催キャンセルと 『アメリカズGP』の開催日(10月1日から3日)を発表し、7月6日には『オーストラリアGP』の開催キャンセル、『マレーシアGP』を開催1週間前倒し、『アルガルヴェGP』の追加開催を発表しています。

 現時点で、開催が延期となっているテルマス・デ・リオ・オンデでの『アルゼンチンGP』の開催日は未定。建設工事が進むマンダリカ・インターナショナル・ストリート・サーキットでの『インドネシアGP』は、リザーブグランプリとなり、全ての日付イベント及び観客の収容はコロナウイルスの感染状況と対応する開催国の政府及び当局の承認が対象となります。

【了】

【画像】過去のMotoGP「タイGP」を画像で見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事