ホンダのトニー・ボウ選手、競技中にパンクをしても3位表彰台獲得

トライアル世界選手権第3戦アンドラ大会は、難易度の高いコースのサン・ジュリア・デ・ロリアで2日目が開催されました。

パンクしながらも表彰台獲得したトニー・ボウ選手、藤波貴久選手は8位

 2日間で開催されるトライアル世界選手権第3戦アンドラ大会は、1日目で勝利したRepsol Honda Teamのトニー・ボウ選手が、続く2日目も勝利を目指して12セクションに挑み、3位表彰台を獲得しました。チャンピオンシップポイントでは、トニー・ボウ選手はトップをキープし、2位のアダム・ラガ選手(TRRS)に8点差をつけています。

3位表彰台を獲得したトニー・ボウ選手

 Repsol Honda Teamの2人にとって、2日目のアンドラGPは初日にまして、困難を極めるものでした。アンドラGPは、標高が高く、気温が高く、暑さも強烈、エンジンもライダーも酸素不足に悩まされます。

 トニー・ボウ選手は、第2セクションでパンクに見舞われ、その後もミスの目立つ1日となり3位表彰台を獲得。今回のトライアルで勝利すれば、トニー・ボウ選手は、地元のアンドラで10勝目となっていましたが、その記録は次の機会にお預けです。

 ライバルのアダム・ラガ選手(TRRS)が優勝し、チャンピオンシップのポイント差を縮められましたが、トニー・ボウ選手は首位の座にいます。

藤波選手は、2日目も厳しいトライアルとなった

 藤波貴久選手は、前日の結果から改善を模索していましたが、うまく結果につながらず、前日同様の8位で試合をフィニッシュしました。この結果、藤波貴久選手のランキングは前日までの4位から5位となっています。

■Repsol Honda Teamトニー・ボウ選手(3位/ランキング首位)

Repsol Honda Teamトニー・ボウ選手

 この週末は、本当にむずかしい戦いを強いられました。困難がいろいろとあった中、1位と3位のリザルトを得られたことは、素晴らしかったと思います。問題の数々に対し、チームは一生懸命に仕事をしてくれました。これにはとても感謝しています。

 私たちはマシンのコンディションをベストに戻し、次戦フランスでの勝利を目指します。

■Repsol Honda Team藤波貴久選手(8位/ランキング5位)

Repsol Honda Team藤波貴久選手

 今日もいろいろありましたが、結果は前日同様に8位で終わりました。いくつかのセクションではいい走りができてはいたのですが、ライバルはみな強力で、厳しい戦いをしていました。8位ということで、上位に入れなかったのはとても残念ですが、今は次のフランス大会に標的を合わせ、フランスで万全のフジガススタイルを実現させるため、チップを変更します。

※ ※ ※

 次戦第4戦は再びフランス大会で、カオールでの開催となります。

【了】

【画像】トライアル世界選手権アンドラ大会2日目の画像を見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事