ブレーキ界の大御所「ブレンボ」が大躍進! 自社初の研究開発拠点の開設やスペインのJ.Juanを買収

ブレーキシステムの開発・製造で世界をリードするブレンボが、自社初のCoE(研究開発拠点)をアメリカ・シリコンバレーに開設すると発表しました。

ソフトウェア開発・データサイエンス・人工知能を強化

 ブレーキシステムの開発・製造で世界をリードするブレンボが2021年9月2日、自社初のCoE(研究開発拠点)をアメリカ・シリコンバレーに開設すると発表しました。

ブレーキシステムの開発・製造で世界をリードするブレンボ。MotoGPなど、レースの世界でも絶大なる信頼を得ています

 新たに開設されるCoEの名前は「ブレンボ・インスピレーション・ラボ」。ブレンボが有するソフトウェア開発、データサイエンス、人工知能のノウハウを強化するための専門拠点です。

 このCoEの開設によりブレンボは、同社のめざすソリューションプロバイダーとしての信頼度向上へ一歩前進するとともに、2020年9月にダニエレ・スキラッチCEOが表明した戦略ビジョン「Turning Energy into Inspiration」の重点目標のひとつである、全社的なデジタル化の加速を図る計画としています。

ブレーキシステムの開発・製造で世界をリードするブレンボ。MotoGPなど、レースの世界でも絶大なる信頼を得ています

 スキラッチ氏はブレンボ・インスピレーション・ラボの開設に際し、次のように話しています。

「当社初のCoEをシリコンバレーにオープンできることになり、大変喜ばしく思っております。ハイテクとイノベーションで世界的に有名なこの地に進出して投資する背景には、自動車産業に影響を与える未曽有の課題に取り組んでいこうという明確で意欲的な目標があります。

 今はデータサイエンスと人工知能を活用する時代。これは当社の未来を構築し、技術的なリーダーシップを強化する大きなチャンスです。ブレンボ・インスピレーション・ラボで当社のデジタル文化を高め、いっそうお客様に寄り添った『メイド・イン・ブレンボ』の最新技術をお届けできるよう取り組んでまいります」

※ ※ ※

 ブレンボ・インスピレーション・ラボは、2021年の第4四半期にオープンする予定です。そして、ブレンボの今後のブレーキソリューションの開発に貢献する優秀な人材を、さまざまな産業分野から集結させる予定としています。

 そしてブレンボは、この新たなラボの開設によって国際的な存在感を拡大し、過去30年を超える北米での成長をさらに進めていく方針。製造の拠点は現在、ミシガン州、ニュージャージー州、メキシコ・モンテレイに配置されており、ミシガン州プリマスには、北米支社および研究開発センターがあります。

【画像】高品質なブレンボ製のブレーキシステムの画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事