利便性と経済性が魅力の250スクーター 台湾のキムコ「G-Dink250i」は走りも軽快

台湾でNo.1のシェアを誇るバイクブランド「KYMCO(キムコ)」の250スクーター「G-Dink250i」は、価格だけではなく軽快な走りも魅力の1台です。試乗しました。

250クラスで軽快な走り、必要十分な装備で実用的なスクーター

 台湾No.1にして、スクーター界では欧州屈指のシェアを誇るブランドが「KYMCO(キムコ)」です。日本においても排気量125ccから550ccまで幅広い車種を展開しているわけですが、今回は250ccクラスの主力モデル「G-Dink250i」(ジー・ディンク250i)の試乗インプレッションをお届けしましょう。

キムコ「G-Dink250i」に試乗する筆者(伊丹孝裕)

 このモデルの魅力は、大きくふたつあります。ひとつはクラス唯一のフラットフロアを実現していること。そしてもうひとつは、46万2000円(消費税10%込み)というリーズナブルな価格に抑えられていることです。これらは利便性や経済性を重視するユーザーにとって見逃せないポイントになるのではないでしょうか。

 フラットフロアとは、足を置くフットスペースが平になっている構造のことを言います。小排気量スクーターではお馴染みのスタイルですが、排気量が大きくなると燃料タンクやフレームのスペースを確保するために車体中央が盛り上がっていることが多く、「G-dink250i」ほど開放的ではありません。

 クルマに例えると、センターコンソールによって左右のシートが完全に分断されているタイプと、移動が楽なベンチシートタイプほどの違いがあり、実際、足元には妨げるモノがなにもないため、乗り降りは安楽そのもの。左右はもちろん前後のスペースもたっぷり確保されていますから、大柄な体格でも窮屈さを覚えるライダーはそういないでしょう。

シート高780mmの車体に身長174cmの筆者(伊丹孝裕)がまたがった状態

 また、フラットフロアの利点は荷物積載の自由度が高くなることです。道路交通法上、フロアは荷物積載用のスペースではありません。そのため、固定することなく単に置いただけでは違反になるものの、標準装備されているフックに掛け、車体から大きく飛び出していなければ問題なし(左右それぞれ15cm以内)。これさえ守っていれば、シート下のラゲッジスペースに収まらないモノも運搬できるはずです。足元が盛り上がっていると現実的にはかなり制約が多くなりますから、「G-dink250i」ならではメリットと言えます。

 現在、国内メーカーがラインナップしている250ccクラスのスクーターは、ホンダ「FORZA(フォルツァ)」とヤマハ「XMAX(エックスマックス)」の2機種があります。コンセプトが異なるため単純に比較はできないものの、「FORZA」の価格が65万8900円、「XMAX」が65万4500円であることを踏まえると、「G-dink250i」との間にある20万円近い差は非常に大きいと言わざるを得ません。

 もっとも、これで「G-dink250i」の装備が明らかに劣っていたり、走行性能が物足りなかったりするのなら別ですが、ユーティリティもエンジンスペックも必要充分以上。グローブボックスにはUSBコネクター、ハンドル下には12Vの電源ソケットをひとつずつ備え、フルフェイスヘルメット1個(ヘルメットホルダーは2個装備)を収納できるラゲッジスペースにはLEDの室内灯も装備されています。

ハンドル下のインナーレッグシールドには荷掛けフックや12Vのアクセサリー電源ソケット、USB充電ソケットを備えたグローブボックスなどを標準装備。足元に燃料給油口を配置

「FORZA」と「XMAX」にはトラクションコントロールや高さ調整可能なウインドシールドが採用されている一方、そこまで求めないのなら「G-dink250i」の装備は充分及第点に到達しています。

 エンジンは水冷4ストローク単気筒を搭載し、19.9PS/7500rpmの最高出力を発揮。182kgの装備重量に対してなんの不足もなく、スロットル開ければスムーズにスピードが上昇していきます。

 意外と言ってはなんですが、好印象だったのがハンドリングです。フラットフロアということは重心が低いことを意味し、わずかな入力でスッと車体がリーンし始める軽快感はワンランク下(小排気量)のスクーターと遜色ないほど。言い換えると、深くバンクさせてもハンドリングは軽く、ビシッと安定するタイプではありませんが、コーナリング性能を重視するモデルではないでしょう。

軽快感のある走りは好印象

 乗降性がよく、キビキビと走り、できるだけリーズナブルな250ccスクーターが欲しい。キムコの「G-dink250i」はそういう望みに応えてくれる最右翼としておすすめです。カラーバリエーションは「ホワイト」、「マットレッド」、「ディープパープル」の3パターンが用意されています。

【了】

【画像】キムコ「G-Dink250i」の詳細を見る(8枚)

画像ギャラリー

Writer: 伊丹孝裕

二輪専門誌「クラブマン」編集長を務めた後にフリーランスとなり、二輪誌を中心に編集・ライター、マシンやパーツのインプレッションを伝えるライダーとして活躍。マン島TTやパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムなど、世界各国のレースにも参戦するなど、精力的に活動を続けている。

最新記事