オーストラリアの電動バイクメーカー「Savic Motorcycles」 政府から共同投資資金をうけ2022年より「C-Series」の生産を開始

オーストラリアの電動バイクメーカー「Savic Motorcycles」は、政府から共同投資資金をうけ2022年より「C-Series」の生産を開始すると発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

電動カフェレーサーの生産がついにスタート

 オーストラリアの電動バイクメーカー「Savic Motorcycles」は、連邦政府のAdvanced Manufacturing Growth Centreから65万7,000ドルの共同投資資金の提供をうけ2022年よりメルボルンで「C-Series」の生産を開始すると発表しました。

Savic Motorcyclesの電動バイク「C-Series」

 Savic Motorcycles が開発したC-Seriesは、クラシックなカフェレーサー・スタイルと、最先端の高度な電動パワートレインを組み合わせた電動モデルです。

 60kWの出力、180Nmのトルクを発揮する「ALPHA」を頂点に、40kWの出力、140Nmのトルクを発揮する「DELTA」、25kWの出力、110Nmのトルクを発揮する「OMEGA」の3車種が用意されたC-Seriesは、既存のガソリンエンジン搭載車にくらべてランニングコストを80%削減。

Savic Motorcyclesの電動バイク「C-Series」

 航続距離(市街地走行)、および充電時間はALPHAで200km/4時間、DELTAで150km/3時間、OMEGAで120km/2時間となっています。
 
 また、100km/hまでの加速はALPHAが3.5秒、DELTAが4.5秒、OMEGAが5.5秒と鋭い加速が可能といいます。

 2022年末までに最低でも20台のバイクがデリバリーされる予定のC-Seriesは、価格1万2990ドル(日本円で約147万円)からとなっています。

【了】

【画像】Savic Motorcyclesの電動バイク「C-Series」の画像を見る(11枚)

画像ギャラリー

最新記事