『小野木里奈の○○○○○日和』 BMW「G310R」の乗りやすさと扱いやすさは超一級品!

『小野木里奈の○○○○○日和』は、BMW Motorradの『G310R』に乗ってワインディングに出かけます。おじさま方が大きい車体のBMWに乗っている印象が強い中、r中型のG310Rはどんな走りを体感させてくれるのでしょうか。

今までの印象が180度変化するほど親しみやすいBMW

 皆さん、こんにちは!小野木里奈です。今日は、BMW Motorradの『G310R』の試乗記でございます!こんな素敵な外国車を自然いっぱいの山梨県でのびのび運転させていただきました!それでは、レッツゴー!

BMW Motorrad『G310R』の試乗をします

 私が乗らせていただいたG310Rのカラーは、「コスミック・ブラック」。他に、「ライム・ストーン・メタリック」と「ポーラー・ホワイト」があります。個人的にはこの3色の中で、今回試乗した「コスミック・ブラック」が好みです。モノトーンはやはり格好いいですね!

 そして、装備されているフロントフォークのゴールドと、車体のBMWのエンブレムがアクセントになっていて、全体はモノトーンでシンプルでも、サイドから見たときにすぐに「あっ、BMWだ!」と認識できますね。

G310Rのタンクからリアシートにかけてのデザインがお気に入りです

 特に惹かれてしまうのが、タンクからリアシートにかけてのうねったデザインです。そして、サイドから見た時に、タンデムシートとリアタイヤとの間に幅があるのでスッとしていて魅力的です。タンデムシートがまるで浮いているようですよね…!

 私自身、バイクの顔にも見えるフロント周りよりも、どちらかというと後方部分を凝視してしまうんです (笑) そして、後方のデザインはとっても自分好みだったのでうっとりしてしまいますね。

 個人的なイメージで申し訳ありませんが、正直言うとBMWって私たちのような世代よりも、おじさま方が大きい車体のBMWに乗っている印象が強かったんですよね。外国車で値段が高いということもあると思いますが、他の外国車を含めて考えてもBMWにはそんな印象がどこかあったんです。

G310Rはとてもコンパクトな車体で扱いやすそうです

 しかし、G310Rはとてもコンパクトな車体なのです! さらに、車両重量は164kg(液体を含む)となんて扱いやすい重さなのでしょう。バイク初心者の方や身長が低めのライダーの方にとっても扱いやすい重さのバイクなのではないかなと思います。

 BMWさん、おじさま向けだとイメージつけてしまって申し訳ありません!(笑)

身長160cmの私が跨るとシート高が785mmなので、両足だと少しつま先立ちになります

 それでは、恒例の足つきチェックでございます。私(=身長160cm)が跨るとこんな感じでございます。シート高が785mmなので、両足だと少しつま先立ちになってしまいますね。ですが、これまで乗ってきたバイクのほとんどは、両足つま先立ちでしたし、ライダーの方々の多くは私よりも身長が高い方がたくさんおられるで、これくらいは仕方ないかな、と。

 片足だとちゃんと支えられるシート高ですし、何より支えやすい車重なのがありがたい。やっぱり、足つきが良くても、めちゃくちゃ車体が重いとちょっとでもバランスを崩すと倒してしまう危険性があります。足つきさえ注目すればいいというわけではないといえますね。

高めの格好いいエンジン音は、試乗中でもテンション上がります

 さて、早速エンジンをスタートさせましょう。実はBMWの車を祖父が大切に何十年も乗っていてBMWの魅力をずっと幼い頃から聞かされていたのです。そんなこともあって、BMWにどこか尊い存在を感じていたので、このエンジンをかける瞬間はワクワクドキドキ…(笑) エンジンを始動すると、ビリビリビリッッと、ちょっと高めの元気な音。こんな格好いい音を聴くと、乗る前からテンションが上がってしまいますね!

 アクセルを開けると、なんともまぁ、反応がクイックなこと! 中型クラスとは思えないほどの加速の素早さ!

「なんなんだ…これは…!!」

 それとも、取り回しのしやすいボディだからこそ、実力を最大限に発揮できる仕組みになっているのでしょうか。最初にも申し上げましたが、今回は都内でなく山梨県での試乗です。

G310Rの車体バランスの良さは、コーナリング時も不安なく走ることができます

 車やバイクがほとんどいない道や山坂道を走りましたが、ここで試乗することができて本当によかった。急なカーブやコーナリングもすごく車体のバランスが取りやすく、何より試乗中の瞬間が楽しすぎます。

 排気量は313ccなのですが、一瞬の加速も素早いので、ライダーとバイクとのリンク率が良すぎるんですよね。ライダーにとって、こんな嬉しいことってないのだから、ずっと乗っていたいバイクだなと思います。また、この車体の扱いやすさは、初心者ライダーの方にもぴったりだなと思います。もし、初心者の方が乗ったら、よりバイクの運転の魅力に取り憑かれてしまうのではないでしょうか(笑)

初心者のライダーの方でも乗りやすいG310Rは、ずっと乗っていたくなる1台です

 BMWは、当初おじさま方が乗るようなバイクという印象が強かったのですが、前言撤回します。こんなにも初心者のライダーの方でも乗りやすいバイクがあったとは… BMWさん、あっぱれです。

 BMWのG310R、皆さんも是非ディーラーで試乗してみてはいかがでしょうか。

■BMW Motorrad「G310R」
全長:2025mm
全幅:820mm(ミラーを除く)
全高:1120mm(ミラーを除く)
車両重量:164kg(液体を含む)
燃料タンク容量:11L
価格:62万3000円(税込)

小野木里奈YouTubeチャンネル『時速ONOキロメートル』

【了】

【画像】BMW Motorrad「G310R」の画像を見る(10枚)

画像ギャラリー

Writer: 小野木里奈

女優。両親の影響で幼い頃にはバイクに憧れを持ち、23歳で大型バイクの免許を取得。いつか自分もお気に入りのバイクを見つけて、友達とツーリングに行くのが夢。初心者の立場で感じたことを素直に発信する。

最新記事