カワサキがイタリアのバイク見本市「EICMA」への出展を決定 複数の世界初公開モデルを用意【EICMA2021事前情報】

カワサキは2021年11月25日から28日にかけてイタリア・ミラノで開催されるバイクの見本市「EICMA(エイクマ)」に出展することを発表しました。2年ぶりの開催となるEICMAではどのような新型車が公開されるのでしょうか。

「ファンの期待に応える」カワサキ

 カワサキは2021年11月25日から28日にかけてイタリア・ミラノで開催されるバイクの見本市「EICMA(エイクマ)」に出展することを発表しました。

カワサキの新型車「Z650RS」

 2021年に入り、二輪車、オフロード四輪車、ジェットスキー、汎用エンジンなどを扱う新会社「カワサキモータース株式会社」を設立し、メキシコでの新工場建設や従業員の増員を発表したカワサキは、カーボンニュートラル社会の実現のため、2025年までに10台のEVまたはハイブリッドバイクを導入するという野心的な目標を掲げています。

 今回の発表によると、カワサキのブースでは新しい外装色を備えた2022年モデルの展示のほか、ファンの期待に応えるべく、複数の重要な世界初公開モデルを用意。

 2022年春頃に日本導入予定の新型ネオレトロモデル「Z650RS」や「Z900SE」「Z900RS SE “Yellow Ball”」などを展示したスペース「Zed Fest」も用意されるといいます。

 今回の発表に際し、カワサキモータース株式会社の伊藤 浩社長執行役員・最高経営責任者は次のようにコメントしています。

カワサキモータース株式会社の伊藤 浩社長執行役員・最高経営責任者

「カワサキのファンの皆様は、EICMAでニューモデルを実際に体験できることを首を長くして待っていました。カワサキのモーターサイクルに乗ることで得られる純粋な喜びを表現した “Let the Good Times Roll “を実現するために、カテゴリーをリードする革新的なマシンを提供することが我々の使命です。

 カワサキモータースの中期的な目標は明確にされています。EICMAは、近い将来のさらなるニューモデルを発表するための理想的なライブ環境であり、我々がより正常な時代に戻るための重要な役割を果たすことができるでしょう」。

※ ※ ※

 開催時には様々な新型車が発表され、話題を集めるEICMA。今年はどんなモデルが公開されるのか、期待が高まります。

【了】

【画像】EICMA2019カワサキブースの様子を画像で見る(4枚)

画像ギャラリー

最新記事