インディアン「スカウト」2022年モデルが登場 外装色を一新しラインを強調

アメリカ初のモーターサイクル・カンパニーであるインディアンモーターサイクルは2021年11月5日にスカウトの2022年モデルラインアップを発表しました。

クラシックデザインとコンテンポラリーデザインの両方を用意

 アメリカ初のモーターサイクル・カンパニーであるインディアンモーターサイクルが、「SCOUT(スカウト)」の2022年モデルラインアップを発表しました。

インディアンモーターサイクル「スカウト・リミテッド」

 スカウトでは従来から、クラシックデザインとコンテンポラリー(現代的)デザインの両方がラインナップされていますが、シリーズを構成するスカウト、スカウトボバー、スカウトボバートゥエンティでは、69立方インチ(1133cc)のエンジンを搭載。100hpを発揮し、パンチの効いた走りや低いシート高と軽快なハンドリングが特徴となっています。

 2022年のスカウト・シリーズではペイントカラーを一新することで特徴的な外観とラインがさらに強調されました。例えばスカウトボバーのチタニウムメタリックやスカウトボバートゥエンティのスピリットブルーメタリックなどのカラーにより、スカウトボバーモデルのロープロファイルな外観に、モダンなデザイン性が加えられています。

インディアンモーターサイクル「スカウト・リミテッド」

 また、2022年モデルの発表に併せてすでに充実しているスカウト専用アクセサリーをベースに、快適性、スタイル、パフォーマンスをさらに向上させる新しいアクセサリーを導入。パフォーマンスを向上させるアクセサリーとしては、アジャスタブル・ピギーバック・リアサスペンションとアナログ・タコメーターも追加され、スカウトボバーのライダーは、新型スモークウィンカーを装着することで、個性的なスタイルを演出することができます。

 なお、2022年モデルのスカウトは、2022年春に出荷が開始される予定です。

【了】

【画像】モダンに進化したインディアン「スカウト」の2022年モデルを画像で見る(13枚)

画像ギャラリー

最新記事