クロスバイクにこっそりバッテリーがついたスタイリッシュ電アシ!「DAITORA-BIKE」の先行販売を開始

株式会社大寅は2021年度より、事業再構築として、観光バス事業から自転車販売業へ転換。その第2弾として、初の自社ブランドとなるe-bike(電動アシスト)機能搭載のクロスバイク「DAITORA-BIKE」の先行販売を開始しました。

観光バス事業から自転車業への転換

 観光バス事業展開する株式会社大寅が2021年度より、事業再構築として自転車販売業へ転換を果たしました。その第2弾として2021年11月12日に、初の自社ブランドとなるe-bike(電動アシスト)機能搭載のクロスバイク「DAITORA-BIKE」の先行販売を開始しました。

電動アシスト機能付きのクロスバイク「DAITORA-BIKE」

 同社は今年に入り、「安価で、質の高い電動アシスト自転車を日本の人々にお届けたい」という想いで、観光バスと同じ、人を運ぶことをテーマに、本格的にバス事業からE-BIKEへの事業転換を開始しました。

 大寅は、クラウドファンディングで第1弾の「SAMEBIKE」のプロジェクトで支援者551人から4934万1400円の調達を達成しましたが、第2弾プロジェクトはそうした多くの人々の応援を受けたことで勇気づけられ、実現したものだといいます。

第1弾プロジェクトとして販売された「SAMEBIKE」

 その発端は、新型コロナウイルスの感染拡大で、観光バス事業を順調に進めていた同社でしたが、移動制限によりユーザーは外出も、観光も、バスの利用もできない状況となったことにあります。密を避けて、距離を保ち、バスや電車に乗らないようにしているということは、「自転車の需要が増えるのではないか?」というのが最初の閃きでした。

 そこから、復数の自転車工場と電動自転車工場に連絡し、数か月の努力や日々築き上げてきた縁もあり、SAMEBIKEの日本独占販売権を契約。集まった資金の一部で、アフターサービスを充実させたほか、この大切な経験やメッセージを生かし、約半年間工場側と更に緊密に提携し、初めて自社ブランドでの電動アシスト自転車の開発を成功させました。共同で開発を担い提携している自転車工場は、中国の天津科林車業株式会社で、日本をはじめ、韓国、ヨーロッパ、アメリカ、台湾と東南アジアの地域に輸出している工場です。

共同で開発を担い提携している中国の天津科林車業株式会社の自転車工場

 生産能力は、年間自転車300万台、電動自動車200万台。会社の敷地は16万平方メートルあり、社員数は約1000人、資本金は18億円の大企業です。

 1994年に設立され、専門の研究開発、生産、総合的な(電動)自転車メーカーで、世界でも先進的な生産技術設備は600台以上を誇ります。

 信頼のある世界的工場だからこそ、しっかりした品質管理ができます。

DAITOEA-BIKEのテーマは「スマートに、スタイリッシュでかっこよく」

 DAITOEA-BIKEには、クロスバイク特有のスポーティーなシルエットを崩さない内蔵型バッテリーや、ロングライドにも耐えうる耐パンク仕様のKENDA製タイヤ、3段階の電動アシストはもちろん、アシスト無しの状態でも、クロスバイクのポテンシャルを生かせるようSHIMANO製外装7段階変速も搭載されています。

 サドルはロングライドでも乗り心地をよくするために、通気性の良いオープンタイプが採用されました。

 また、自転車の開発においての大きな問題である、市場での高額な価格帯や海外の自転車等をネットで購入した場合のメンテナンス。

 この2点を克服するべく、パーツから姿形に至るまで工場とともに、綿密な企画設計が施されました。

 クロス・ロードバイク系の電動アシスト自転車は元々の価格が高いためか、特に高額な傾向にありますが、DAITOEA-BIKEは「カッコイイ、長持ち、お手頃」を軸に開発。

 また、海外の自転車等、ネットで購入した場合のメンテナンス問題については、誰でも、どこでも、近くの自転車屋で点検できるように、パーツが共有できるよう注意して開発されています。

 DAITORA-BIKEの価格(消費税込)は11万8800円から。新しいものや体験の応援購入サービス、マクアケで購入することができます。
 
【了】

【画像】観光バス会社が作った電動クロスバイク「DAITORA-BIKE」を画像で見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事