セカンドバイクにオススメ? 125ccバイクを5車種ピックアップ!

維持費の安さや比較的コンパクトなサイズ感から、セカンドバイク候補として人気を集める125ccバイク。 どんなモデルが販売されているのでしょうか。

125ccバイクを5車種ピックアップ!

 125ccバイクは、比較的維持費が安く、またコンパクトなサイズ感からセカンドバイク候補として人気を集めています。現在、どのようなモデルが販売されているのでしょうか。

ヤマハの原付二種スクーター「NMAX ABS」

 まずひとつ目の車種は、「MAXシリーズ」のスポーティな走りと上質なスタイルを受け継いだ、ヤマハのスクーター「NMAX ABS」です。他の125㏄クラスのスクーターと比べると大きめのボディで車重があるため、ライディングポジションに余裕があり、ゆったりと快適に乗れるよう設計されています。また、シート下には23L のラゲッジスペースを確保しており、ヘルメットも収納でき使い勝手も抜群です。

 新設計の「BLUE CORE」エンジンは、水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒エンジンを搭載し、最高出力12PSを誇ります。131kgの車両重量にもかかわらず、ライダーの意のままにスポーティーな走りが楽しめる点が魅力です。

 また、始動時の静粛性に優れているだけでなく、アイドリングストップシステムを搭載し、燃費の向上にも貢献しています。その他にも、前後独立したABSを備えたディスクブレーキとアルミホイールを採用し、足元をスタイリッシュに引き締め、安全性とデザイン性を両立させています。

 ボディカラーはグレー、マットダークグレー、シルバー、マットブルーの4色をラインナップしており、メーカー希望小売価格は36万8500円(税込)に設定されています。

コンパクトな車体が特徴のカワサキ「Z125 PRO」

 ふたつ目は、カワサキが販売する「Z125 PRO」です。スーパーネイキッド「Zシリーズ」のスタイルを継承した、コンパクトな車体が特徴の原付二種モデルとなっています。

 軽快な走りと、優れた燃費性能を実現した空冷4ストローク単気筒エンジンを採用し、最高出力9.7PSを発揮します。また、102kgの軽量コンパクトボディで、フットワークが軽く取り回しも楽々です。ライバルのホンダ「グロム」とほぼ同等の車格ながら、軽快でシャープなハンドリングを実現させています。

 さらに、このクラスでは大容量となる7.4L の燃料タンクや、ギヤポジションインジケーターを採用し、高い利便性も大きなポイントといえます。なお、カワサキは2022年度以降の国内導入予定はないと発表しているため、今後は新車の購入は在庫のみとなりそうです。

 ボディカラーは、メタリックフラットスパークブラック、パールナイトシェードディールの2色をラインナップしており、メーカー希望小売価格は35万2000円(税込)に設定されています。

スーパーカブのイメージを一新したホンダ「スーパーカブ C125」

 3つ目は、ホンダ「スーパーカブ C125」です。初代「スーパーカブ C100」のレトロなデザインを受け継ぎ、美しいモダンなスタイルでスーパーカブのイメージが一新されたモデルとなっています。

 2018年に登場してから、2021年9月に初のモデルチェンジをおこない、123㏄空冷OHC2バルブ単気筒の新エンジンを採用した一台に仕上がっています。加えて、従来型よりも圧縮率が高くなり、ロングストローク化されているのが特徴です。 

 また、ヘッドライトとテールランプ、ウインカーにLEDを採用し、スマートキーシステム、専用アルミキャストホイールなど上質で最先端の充実した装備も魅力です。

 さらに、フロントディスクブレーキには、1チャンネルABSを標準装備し、安全性も格段にアップさせています。また、カブシリーズの最大の魅力である燃料消費率は、70.0㎞/Lの低燃費を実現しています。

 ボディカラーは、パールニルタバブルー、パールネビュラレッドの2色がラインナップされており、メーカー希望小売価格は、44万円(税込)に設定されています。

フルサイズボディのスズキ「GSX-R125 ABS」

 そして4つ目は、原付二種では貴重なフルカウル国産スーパースポーツモデルに仕上がっている、スズキ「GSX-R125 ABS」です。フルサイズボディに前後17インチホイールを搭載し、ABSを標準装備しています。

 最高出力が15ps発生する、水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒エンジンを搭載し、パワフルな加速力と高い燃費性能を実現させています。その他にも、縦型2灯のLEDヘッドライトや、レーシングなイメージを彷彿させる花弁形状のペタルタイプディスクブレーキ、ギヤポジションインジケーターといった革新的な装備も充実した一台に仕上がっています。

 また、大容量の11L 燃料タンクに加え、WMTCモード燃費は45.1km/L と低燃費を実現しており、ロングツーリングにも最適な一台といえます。

 カラーは、トリトンブルーメタリック、ストロンガーレッド、タイタンブラックの3色をラインナップしており、メーカー希望小売価格は、41万5800円(税込)です。

ベスパ「LX 125 i-GET」

 最後の車種は、ベスパが販売する「LX 125 i-GET」です。このLXシリーズは、2005年にベスパブランド誕生60周年を記念して販売されたモデルです。ベスパらしい街に溶け込むレトロでエレガントな外観と、取り回しのよいコンパクトボディでデザイン性と使い勝手を融合させています。

 「ベスパ LX」のI-getエンジンは、3バルブ機構を備えた空冷4ストローク単気筒エンジンを搭載し最高出力10.2hpを発生させます。その愛らしいデザインばかりが注目されがちですが、タンデム走行でもストレスのない力強い走りを実現させた一台です。

 また、視認性の良いLEDヘッドライトやUSBソケット、多機能な液晶デジタルディスプレイなど、クラシカルなデザインの中に最新の技術が惜しみなく投入されています。

 ボディカラーは、イノチェンツァホワイト、パッショーネレッド、コーラル(店頭在庫のみ)、アビオブルー(店頭在庫のみ)の4色をラインナップしており、メーカー希望小売価格は39万6000円(税込)に設定されています。

※※※

 年々、注目が高まりつつある125㏄クラスの原付二種バイク。各メーカーから魅力的なモデルが次々と発売され、どれを選ぶべきか頭を悩ませている方も多いでしょう。

 125ccバイクの購入を検討している方は、ご自身の生活スタイルや用途に合う、とっておきの一台を見つけてみましょう。

【了】

【画像】125ccバイクの画像を見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事