キムコ「AK550 ST」公開 長距離移動の快適性を高めた新型モデルが登場【EICMA 2021】

台湾No.1ブランドであるキムコは、新型モデル「AK550 ST」を2021年11月25日から28日にかけてイタリア・ミラノで一般公開されるバイクの見本市「EICMA 2021」で公開しました。どのような特徴を備えているのでしょうか。

充実装備のAK550 ST

 台湾No.1ブランドであるキムコは、新型モデル「AK550 ST」を2021年11月25日から28日にかけてイタリア・ミラノで一般公開されるバイクの見本市「EICMA 2021」で公開しました。

キムコの新型モデル「AK550 ST」

 2018年の発売以来、技術力とスポーツ性が高く評価されイタリア国内だけで1万台以上が登録されている「AK550」のSport Touringバージョンとなる「ST」は、長距離をより快適に移動したい人のために設計されたスクーターモデルです。

 長距離走行時のライダー保護性能を高めるための新しいシールド形状や、ハンドルバーにある2つのボタンを押すだけで簡単に調整できる高い位置にある電動式ウィンドスクリーンなどを装備するAK550STでは、計器類も一新し視認性を向上。

 始動はスマートキーのままですが、電動ステアリングロックを自動的に解除する「クリック&ゴー」イグニッションボタンが採用されています。

 そのほか、AK550STでは外気温の低い時期に便利なグリップヒーターも標準装備となっています。

【了】

【画像】キムコの新型モデル「AK550 ST」の画像を見る(12枚)

画像ギャラリー

最新記事