相模鉄道初の試み 12月18日から駅敷地内にシェアサイクルサービスを導入

相鉄グループの相模鉄道株式会社とシェアサイクル「ダイチャリ」を運営するシナネンモビリティPLUS株式会社は、シェアサイクルサービス「ダイチャリ」の駐輪場(以下、ステーション)を相鉄線4駅(上星川駅、西谷駅、三ツ境駅、瀬谷駅)に設置します。同サービスでは丘陵地でも楽に移動できる電動アシスト自転車が使用されるようです。

利便性向上を目指した相鉄の施策

 相鉄グループの相模鉄道株式会社とシェアサイクル「ダイチャリ」を運営するシナネンモビリティPLUS株式会社は、2021年12月18日(土)からシェアサイクルサービス「ダイチャリ」の駐輪場(ステーション)を相鉄線4駅(上星川駅、西谷駅、三ツ境駅、瀬谷駅)に設置します。

相鉄線4駅(上星川駅、西谷駅、三ツ境駅、瀬谷駅)に設置されるシェアサイクル「ダイチャリ」の駐輪場(ステーション)
相鉄線4駅(上星川駅、西谷駅、三ツ境駅、瀬谷駅)に設置されるシェアサイクル「ダイチャリ」の駐輪場(ステーション)

 シナネンモビリティPLUSが運営する「ダイチャリ」は、Open Street㈱が提供するシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」を活用したもので、自転車の検索、予約から料金の支払いまでをスマートフォンのみで完結できるサービスです。

 HELLO CYCLINGアプリのダウンロードと無料会員登録を行うことで利用できるダイチャリは、15分あたり70円で利用可能で、自転車の返却は借りたステーション以外でもHELLO CYCLINGのロゴがあるステーションであれば、どこでも返却可能。
 
 貸出される車両は電動アシストが付いているため、丘陵地でも楽に移動することができます。

 なお、今回の発表によると導入を記念して、2回分(1回15分以内)無料で利用できるコードをステーションなどで告知するほか、駅から多様なサービスを提供し、より便利で快適に利用できるように環境整備に努めていくといいます。

■相模鉄道初の駅敷地内におけるシェアサイクルサービスの概要
1.利用開始日
2021年12月18日(土)

2.サービス名称
シェアサイクルサービス「ダイチャリ」

3.ステーション設置場所・台数
相鉄線4駅(上星川駅 9台、西谷駅 9台、三ツ境駅 8台、瀬谷駅 20台)の敷地内・合計46台
4.利用料金
15分あたり70円
上限1,000円(12時間まで。以降は再び、15分あたり70円)
※支払い方法は以下のいずれか
・PayPay残高での支払い
・各種クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club)
・各種キャリア決済(ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い)
・Yahoo!ウォレット決済
・HELLOカード(HELLO CYCLINGが発行する1日乗車専用カード)
・HELLOマイル(HELLO CYCLINGが発行する電子マネー)

5.利用方法
(1)専用アプリ「HELLO CYCLING」をダウンロードし、会員登録(無料)を行います。
(2)アプリ上で近くのステーションを探し、予約することでご利用いただけます。
(3)借りたステーション以外でも、「HELLO CYCLING」のロゴがあるステーションであれば、どこでも返却可能です。

6.導入目的
・環境の負荷軽減などSDGsの目標達成のため
・ユーザーの利便性向上

【画像】相鉄線に設置されるシェアサイクル「ダイチャリ」(5枚)

画像ギャラリー

最新記事